近所つきあいがありますからね・・・ - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1774]  [1773]  [1772]  [1771]  [1770]  [1769]  [1768]  [1767]  [1766]  [1765]  [1764
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
無事、湿潤療法の勉強会も2回目を終わらせることが出来ました。個人的に嬉しかったのは、とある店長に「いつものメーカーが主催する商品の勉強会じゃない、今回みたいな方が面白かった」と言って貰えた事です。そしてこの店長は第2回目の勉強会にアルバイトを二人も送り込んできました。これを期に、地域の薬箱としての地位を築けたら良いですね。

しかし今回は発言に気を使いました。

「傷の治療をしていて熱が出たらすぐ受診すること」とか、

「手のひらより大きいやけどは近くの湿潤療法をされている病院を紹介すること」とか、

「レジにお客さんが消毒薬を持ってきたからって、その選択をけなしてはいけない」とか、

とにかくパートアルバイトの人には責任を負わせたくなかったので、やや後ろ向きな講義内容だったかもしれません(笑

しかしあれですね、ほんと川崎市には「湿潤療法」で検索をかけてヒットする医院が少ない。ネットには出てこないけど、実は湿潤療法を採用している医療機関があればいいのですが。

そうじゃないとなかなかお客さんにご紹介できないのですよね。練馬の光が丘病院が近くならガンガンご紹介するのですが。

実はつい最近もやるせない感じになりました。

お客さんがくるぶしをすりむいて2ヶ月たつんだけど、なかなか治らないと。話を聞いてみると「消毒してガーゼを貼っている」とのこと。で、よくよく聞いてみると近くの医院さんに処方してもらったローションを塗っているそうで…。たかが傷の治療で2ヶ月かかるって・・・。

さすがにこのままお客さんを帰すのは胸が苦しいので、せめて湿潤療法をしている近くの医院をご紹介しようと思ったのですが、どうやら足が悪くあまり遠出はできないそう。

しかし少しこちらの話に興味を持っていただいたようで、「傷の消毒をすると治りが遅くなるみたいですよ~」と言ってみたら結構お話を聞いてもらえまして、ハイドロコロイド剤を一つ購入頂きました。

お客さんが若者なんかの場合は「ネットで検索してみてください」というちょっと投げっぱなしジャーマンなアドバイスもできるのですが、おじいちゃんおばあちゃんにはそうはいきません。これが結構つらいですね。

湿潤療法の医院をうまく紹介したかったのですが、電話番号を書いた地図をお渡しすることしかできませんでした。こういう場合ベストな選択は何なんでしょうね…。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]