君に届けこの想い - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1365]  [1364]  [1363]  [1362]  [1361]  [1360]  [1359]  [1358]  [1357]  [1356]  [1355
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 返品作業をしている時に思うことがあります。

「あぁ、この商品の魅力をお客さんに伝えることができなかったんだ」と。

定番からカットになってしまう商品のほとんどは、商品が悪いからという理由ではなく、数百数千ある商品のうちから「なぜお客さんはその商品を選ばなければいけないのか」ということを店側が伝えきれなかったからなんです。

とあるamazonの本のレビューに

「前から欲しかったカメラを買いに行ったんだけど、結局違うカメラを買いました」とありました。

ああいうちょっと高額な商品ですら、お客さんってのは(私たちもお客さんですが)店頭でどれを買うか考えが変わるんですよね。

店員の説明によってなのか、

値段なのか、

POPなのか、

店頭放送によってなのか、


どれによって心動かされたかはわかりません。

でもきっとその方は、「その商品のその機能を使えばどういうことが出来るか」という未来が欲しかっただけで、決して「その商品自体」が好きだったわけではないでしょう。ま、始めからその商品じゃないといけない!という決め打ちの人もいるでしょうけど。所持すること自体が目的とか。


全ての商品に対して魅力を伝えようとするのは難しいかもしれませんが、


「売れないからカットする」という返品をする時には少しだけ思い出して下さい。

それは自分の

「お客さんに商品の魅力を紹介する」という能力が足りていない証拠だということを。


その商品を開発、製造、流通させるにあたっては、きっと沢山の人が関わっているはずですから。

ま、わりとてきとーに開発してる商品もあるかもですが(笑)

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]