SJS。 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
薬には副作用が「必ず」あります。

知名度が低く怖い副作用として

スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)があります。

めんどいのでWikipediaより抜粋。

別名皮膚粘膜眼症候群(ひふねんまくがんしょうこうぐん)
は皮膚や粘膜の過敏症である多型紅斑の一種。
生命に危険が及ぶ。

皮膚や粘膜だけではなく目にも症状が現れ、
失明することもあり、治癒後も目に後遺症が残る。

つまり、皮膚が突然焼けただれ、失明するなどの激烈な症状が発症する。

全身麻酔薬や抗生物質、解熱鎮痛剤、風邪薬、
利尿剤、降圧剤、その他原因となる薬物は1100種類以上あり、

年間人口100万人に1~6人が発症。
市販薬が原因と疑われる例も5%ほどある。
発症のメカニズムは不明のため、対策が立てにくい。

ちなみに今まで風邪薬飲んで大丈夫だからといって
これからも平気とは限らないらしいです。

これ、怖いですね。

・・・でもまぁいちいち気にしてたら正直クスリは何にも飲めません。
毒と薬は紙一重と、良く言われますが
まさにそのとおり。

本当はお客様にきちんと副作用も説明しなくては
いけないと思うのですが、
レジで後ろにズラーっと列ができたりすると
なかなか説明する時間が取れないのも事実。

一応副作用のことについては
薬箱の中に添付文書が入っていて
きちんと書かれてはいるんですけどね。

読まないんだよなコレ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
いや、俺も。
だってめんどいんだもん。

あ、よくある副作用は口頭で説明してますヨ?
眠気、口の渇き、とかね。

来年4月から制度が変わって
説明義務が厳しく実装されたらどうするべな。

お客様からの「はやくしろよな」ってビームに耐えながら
丁寧に説明しなくてはいけなくなるのだろうか。
特に、薬剤師が手渡しで売らなくてはいけない
第一類の薬、ガスター10とか他色々。

胃が痛い・・・薬飲むか(゚∀゚)


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
副作用怖いです><
チョコラBBとかも危ないんですか?
みゅーしゃ URL 2008/05/20(Tue)00:31:00 編集
Re:無題
用量、用法をきちんと守れば
副作用はほとんど出ないでしょうな。

ビタミンB2やB6といった「B」達は
水に溶けやすい水溶性ビタミンなので
尿と一緒に排泄されちゃいます。(おしっこ黄色!)
あと、ビタミンCも水溶性ですね。

反対に摂り過ぎると体に溜まってしまう脂溶性のビタミンは
ビタミンD,A,K,Eがありますね。

とにかく用法用量を守りましょうか(゚∀゚)
【2008/05/20 17:37】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]