何も無いよりはいいけれど - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1580]  [1579]  [1578]  [1577]  [1576]  [1575]  [1574]  [1573]  [1572]  [1571]  [1570
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
安倍首相が靖国参拝 中韓の反発必至
 安倍晋三首相は就任から1年にあたる26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。現職首相の参拝は2006年8月15日の終戦記念日の小泉純一郎氏以来。首相は第2次政権の発足以降、第1次政権時に参拝しなかったことを「痛恨の極み」として首相在任中の参拝に強い意欲を示していた。首相に自制を求めていた与党・公明党のほか、中国、韓国などの反発は必至だ。(後略
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2600G_W3A221C1MM0000/?dg=1

 相変わらず産経新聞以外の新聞は首相の靖国神社参拝に騒いでいます。

「中韓の反発は必至」と。

 たかが墓参りに他所の国が騒ぎ立てるとか頭湧いてるの?って普通の人間なら思いますが、声の大きなマスコミに今までみんなが洗脳されてきた結果、2006年の小泉首相以来誰も先祖の墓参りをして来ませんでした。いや、記念日以外ではお墓参りはあったのでしょうかね。

ただ、これって中国や韓国を気にして参拝して来なかったというよりも、マスコミに流された日本国民の世論を気にして参拝して来なかったのでしょう、今までは。つまり私達の「大丈夫だから気にすんな」という声がようやく首相に届いたのではないでしょうか。安倍総理はフェイスブックを活用していますし、ネットの台頭が大きな力になっていると思います。

こういうニュースが出るくらいですし。
安倍首相の靖国参拝に冷静な声=「拝むなとは言えない」「批判する資格があるのか?」―中国版ツイッター
このニュースは中国でも即座に報道されるなど、注目を集めている。「中国版ツイッター」と呼ばれる簡易投稿サイトには、問題視しないというコメントも多数寄せられている。以下は、その一部。

「安倍さんを支持する」

「自分のやるべきことをしっかりとやるのが王道」

「人が自分の祖先を参拝することに、われわれは関係ない。中国人は寛容に、過去のことは水に流そう」

「参拝したけりゃすればいいよ。たとえ憎い相手でも、本人の家族に拝むなとは言えない」

「人が祖先を拝むのは自由。子孫なのだから。彼らの祖先がかつての敵だからといって、自分の祖先を拝むのだけは良くて、相手はだめというのはおかしい」

「他人を批判する資格があるのか?中国が死に至らしめた自国民は、日本に殺された中国人よりも少ないのか?」

「中国は日本にかなわない。中国共産党はナショナリズムをあおって批判するような寝言を言うのは、何か意味があるのか?」(翻訳・編集/北田) (略
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80982

特定秘密保護法成立に際してマスコミに流されて「支持しない」とした人達への支持率アップのアピールと見えなくもないですが、それよりも来年度予算の公共投資をもっと増やして欲しい欲しいです。

誇りも大事ですが、その前に人は食べられないと死んでしまいます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]