余計食料と余計なエネルギー - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1503]  [1502]  [1501]  [1500]  [1499]  [1498]  [1497]  [1496]  [1495]  [1494]  [1493
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
クラシック不況、年収240万円、メンテ費減、練習場なし「大阪交響楽団」…それでも「音楽できる場がある」前向きのすがすがしさ
 先週、米国の名門歌劇団「ニューヨーク・シティ・オペラ」が資金繰りに行き詰まり70年の歴史に幕を下ろすことになったことが分かり、世界のエンタメの中心地でおきたクラシック団体の経営破綻は日本の音楽業界にも衝撃を与えた。大阪でも経営面で課題山積のオーケストラがある。堺市堺区に本拠地を置く大阪交響楽団は昨年度末に昭和55年の創立以来初めて楽団員、事務局員に対する給与の遅配がおきた。だが、楽器のメンテナンスすらなかなかできない状態の中、楽団員たちは「音楽ができる場がある」と真摯に音楽に取り組んでいる。(安田奈緒美)(後略
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131012/wlf13101218000021-n1.htm

 人間の文明が発展するにあたり、最も最初に必要とされるのは食料をもたらす人でした。獲物を狩ったり、採取したり。そうして人々に十分な食料が行き渡って初めて、非生産層が必要とされるようになります。ですから、上の記事の様に音楽や文化の関係への人々の出費は、景気が悪くなった時に最初に削られる分野なのかもしれません。あ、でもあれだな、今月出費がヤバイとなったときに考えることって意外と「食費を削る」って考えになる人が多いような。私の場合は「居酒屋飲み代」ですが。

 芸術、文化、小売、外食、のような、景気の影響をもろに食らう分野の方々は、もっと真面目に「経済政策の観点から」政治家を選んだ方が良いと思います。

 実はこの「十分に食っていけるからこその文化の発展」ってのはもっとミクロの話、地球で最初に生まれた生命の説明でも出てきます。ミトコンドリアがもう一つの細菌に入り込んだ時の話でもそうです。

 メタン生成菌にα-プロテオバクテリアが入り込んで最初の真核生物、私たちの祖先になった時に、初めて生物は「余計なエネルギー」を生み出すことが出来ました。真核生物は細菌と違い、エネルギーを生み出すミトコンドリアが分裂して増えるだけで、その生きるための必要最低限のエネルギーを超えたエネルギーを手に入れることが出来ました。

 つまり、「敵を殺すためのたんぱく質を生み出すエネルギー」をも得たことになります。こうしてたった一度の必然的な奇跡によって生まれた原初の生命は様々な進化を遂げることになりました。

 企業内部でも似たような事を感じませんか。

みんなが必要最低限の仕事ばっかやって、頭のなかがシンプルになってくるとそれはそれで効率的で良いのかもしれませんが、

そんな職場つまんねーと思いませんか?

いや、まぁ全員私の様に余計なことばかりやる人間になったらその企業はヤバイですけど。

 余計な面白いことを考えるためにも、余計な時間とエネルギーが必要です。その余計分を生み出すための効率化は必要ですが、気がついたらつまんない仕事ばかりになってた、なんて事にならないように、一人だけで解決しようとせずに、誰かの手を借りましょう。

一人でやって100なら、三人でやって40でもいいじゃない。3×40で120なら十分だ。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]