俺のことも思い出して下さい - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1534]  [1533]  [1532]  [1531]  [1530]  [1529]  [1528]  [1527]  [1526]  [1525]  [1524
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
去年と比べてやたら売上と粗利が落ち込んでいるのは、ひょっとしたらネット販売の影響が目に見えて出てきたのか?

ただ、いくら安くて便利なネット販売とはいえ

「かぜひいたから今すぐかぜ薬が欲しい」

「急に頭痛がし始めたから鎮痛剤が欲しい」

というような状況の時には最寄りの薬局の方に軍配が上がるでしょう。

でもそこでただ薬を渡してはいさようならというのはもったいない。

何かお客さんの再来店というか、上記のような「体調的に困った状況」に改めてなってしまった時に、自店を真っ先に思い出すということをしてもらうために、何か出来ないでしょうか。

印象付けるために身体を気遣うようなサンプルを渡すでもいいですし、のど飴を差し上げるだけでも結構違うでしょう。無理やり糖質制限絡めてのムダ知識披露でも良いかもしれない。

そういやこんなコピペがありました。
急に風邪が悪化して、仕事終わりにフラフラしながら薬局に行った。
一人暮らしだから、食事代わりのどん兵衛とスポーツドリンク、
先輩におすすめされた葛根湯、子供用風邪シロップと栄養ドリンクをどっさり持ってレジに。
すると薬剤師のお姉さんがバーコードをスキャンしながら
「このドリンク、カフェインが入っているので、風邪薬と一緒には飲めませんよ?(´・ω・`)」
と教えてくれた。
んでもって、レジの脇に詰まれてた、その店オススメ品を笑顔ですすめてくれた。
ただ、いかんせんそれが高いorz 私が選んだヤツの倍額。
本当頭がボーッとしちゃってて、せっかく親切にしてくれたけど、お財布的に・・・とか
言葉がうまくまとまらなくてキョトキョトしながら「あー・・・」って言ってたら
お姉さんが走って、他のドリンクとってきてくれた。
「これならお値段同じくらいですから(*゚∀゚*)」
「あ、のど飴も食べますか?(´ー`)」
とか言って、試供品ののど飴もくれた。
のど飴、本当は1粒だけ出そうとして箱を開けたんだけど、何を思ったのか、
箱をキレイに閉じて、私の袋に入れてくれた。
なんか本当に人に親切にされてすっごく嬉しかった。

お店的には普通の対応かもしれないけど、身体はつらいし、一人暮らしだしで、
弱気になってたから余計嬉しかったー。
お店のご意見箱とかにコメント入れてお返ししようかなと思ったり。

…なんかこのカフェイン入っていないのでどうのって下りが見に覚えありすぎるんだけど、どこの企業もノンカフェインドリンク薦めてるもんなんでしょうかね?(笑)
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]