USP(Unique Selling Proposition) - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1514]  [1513]  [1512]  [1511]  [1510]  [1509]  [1508]  [1507]  [1506]  [1505]  [1504
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
消える書店:ネットに負け相次ぎ閉店 地域中核店も
出版不況がいわれる中、書店の廃業・閉店の波が街の小規模書店だけでなく、地域の中核書店にも押し寄せている。先月末には、海事書などで有名だったミナト神戸の老舗が店を閉じた。文化の担い手でもあった老舗書店が相次いで店をたたむ背景には、消費者の本離れだけでなく、欲しい本が最速で当日中に手に入るアマゾンジャパンや楽天などネット書店への顧客流出もあるようだ。【田畑知之】(後略
http://mainichi.jp/select/news/20131024k0000m040003000c.html
Amazonでも本は買うけど、同じくらい本屋で買うこともあるんだけどな。駅前の書店に行って平積みされた本を眺めるのも好きだし。もっと出来れば店員さんのPOPを読みたいんだけどな。人の「面白いよ!」という勧めで「面白い」を共感することが好きなので、様々な勧め方をして頂きたいのです。

 でもなかなか「良い勧め方」をしている本屋さんは少ない。そうするとジャケ買いというかタイトル買いかしかしにくくなる。本当はもっと勧めて欲しい人は私以外にもいるはずです。

勧められて面白かったことや、使える商品だったこと。自分の健康にとても役立った。などなど、勧められて成功したことがいくつも重なると、そりゃお客さんとお店に強固な関係性がうまれますね。まるで初めて行った美容室で自分の望む通りのスタイルにバッチリなった時のような。そうすりゃ担当の人がもし店を変わっても、ちょっとくらい遠くても、その人に付いて行ってしまうでしょう。

数あるドラッグストアの中でお客さんはどこの店を利用するのも自由なわけだ。値段で選んでも良いし、自分ん家から近いって理由で店を選んでもいい。

さて、お客さんが自分の店を選ぶ理由はなんですかね。それをハッキリ口に出して言えないようではこの先危険な気がします。

自分がいるから
あのパートのおばちゃんがいるから
なんか面白いから
値段が安いから
きちんと挨拶してくれて帰りには「お疲れ様でした」って言ってくれるから


なんだって良いのですが、何か一つは特徴が無いとお客さんがわざわざ来てくれるお店にはならないですね。

あなたのお店の唯一無二の特徴はなんですか?
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]