外気温マイナスの中、水の中に3時間半突っ立ってるとか正気の沙汰じゃないよな - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1654]  [1653]  [1652]  [1651]  [1650]  [1649]  [1648]  [1647]  [1646]  [1645]  [1644
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
今日は栃木県の東古屋湖に同僚と釣りに行ってまいりました。

ココ。



 相変わらず午前5時頃まで夜更かしした挙句、午前7:30には出発という強行軍。なんか今日は寒くなるとかいう噂を聞きつつ、不安になりながらも佐野インターに立ち寄り朝ごはん兼昼ごはんを食べることに。

あのね、

なんでサービスエリアっておもっくそ糖質まみれのメニューしか無いのさ。

いいよもう、佐野ラーメン食べるから。ふざけやがって、うまいじゃねぇかばかやろう。もうね、付き合いでアレな時は糖質も食うさ。そこまで空気読めない俺じゃないからな。

そんなこんなで、糖質接種後のインスリン分泌により1時間半に訪れる、と予測される眠気に怯えつつ東北自動車道を飛ばします。午後12:00には東古屋湖到着。

なんか外気温がマイナスになってるんですけど((((;゚Д゚))))

でももう遊漁券も買っちゃったし、これから4時間は楽しまなくてはいけない。で、釣る場所を探すのですが平日なのに意外と混んでます。何なの?みんな暇なの?って俺らも平日にはしゃいじゃってる怪しい大人なのでどうにも文句は言えません。

混みっぷりにイライラしつつも、一本杉的な場所のそばに誰もいない広い場所を発見。

※フライフィッシングのキャスト方法は色々あるのですが、初心者の俺はオーバーヘッドがメインなため、十分に後ろが開いてないと気分よく釣れないのです。

※参考
http://www.fishing-v.jp/movie/?mv=hexp_0602_0000000_06

…全然釣れん。

師匠兼同僚の釣り人はサクラマスとニジマスを1尾ずつ釣り上げている模様。

誰だよ『釣りをしている時は無心になれる』なんてデマを流す奴は。そんなわけあるわけがない。

中鉢慎さんも自身の著『仕事ができるようになりたければ釣りをしろ』の中でそう言っている。



 その時の俺の頭のなかは

『栃木くんだり(失礼)にまで3時間もかけてきて一匹も釣れなかったらどうしよう』
『あぁ、俺って管理釣り場でしか釣れない奴なのか』
『向かいのボートの二人組うるせぇんだよ溺れてくんねぇかな』

なんて考えでグワングワンしていました。

あ、管理釣り場ってのは、自然な環境とは違って『お客さんに気分よく釣りができるように、養殖された釣れやすい魚が集められた釣り堀』みたいな場所のことです。ま、東古屋湖も養殖された魚が放流されているようですので、管理釣り場に近いようだけど。

釣り開始してから2時間たちました。

全然釣れません。というか、『アタリ』すらありません。

『アタリ』
※魚がえさやフライ、ルアーに食いついた時に、ウキが動いたり手元にググッとした感覚がくること。

アタリは無い割に『地球は2度ほど釣りました』※針を沈ませすぎて、岩とか沈んでいる木にフライが引っかかって回収不能になること。根がかりのこと。

当たっている同僚のフライを見せてもらいましたが、比べてみるとどうやら俺のフライはちょっと尻尾部分が太くてもったりしているようだ。

ならば『じゃぁ当たっている同僚のフライを真似て、少しちぎってボリュームを軽くしてみよう』

これが功を奏したのか、手元にグッと引っかかる手応えが…

『あ…これまた地球釣った奴だ』

と、一瞬頭に絶望がよぎりましたが、なんか地球がロッドを揺すっています。

釣れました。ヒレもピンピンのニジマスです。※画像は後日。

そんなに大きなやつじゃありませんでしたが、とにかく一匹でも釣れたことに全てが許された感じがしました。(大げさ)

もうね、なんだろ、

俺はこの一匹を釣るために3時間と、高速代往復5000円、ガソリン代3000円かけて来ている。それも外気温-1度のこんなクソ寒い中だ。


↓同僚のブログから拝借した画像だが、ロッドのラインを通すガイドが凍っています。昨日もこんな感じでした。


これ不通に考えたらどう考えてもコスパ悪いし、何やってんだって感じですよね。

でもね、

これでいいのよ。

何匹釣ったかじゃなくてこれでいいのよ。

いや、ほんと、『俺は商品のスペックではなくて、体験にお金を払ってるんだ』って感じがする。

…いや、もちょっと釣れてもいいとは思うんだけどね。まぁ、それはリベンジにかけるということで。これもまた『体験にお金を払う』ってことだしね。

全く風のない、凪による鏡みたいな水面を、自分の作った疑似餌であるフライに騙された魚が、突然に『割る瞬間』を見るために金を払うのは、例え一日一尾の釣果だったとしても、結構満足感があるものです。

でなきゃ、



こんな雪降る中で3時間半も水の中に立っていたりしませんて。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
本当はご飯大好きだろぉ〜
ラーメン大好きなんだろぉ〜

これから毎日コメントしますね。
よろしくな。

星よっつまんぐろーぶ 2014/03/15(Sat)00:37:41 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]