皆殺しの思考。 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
「人質取られたらめんどくせぇからソイツごとマシンガンで殺せ」

「反対勢力増えてきたら、毒ガスでも散布して住民ごと間引け」

あくまでイメージだけど、医療ってこういう思考が多い気がする。多少犠牲はあるだろうけど、得られるメリットのほうが大きい場合はすすめる、と。

善玉、悪玉、日和見と人間の都合で分けられる細菌類のうちで善玉だけより分けて助けるってことはできるんだろうか?

今のところ、市販の消毒薬や下痢止めなんかに入っている殺菌成分はできない。

というか、

人体細胞すら傷つけてしまうのが消毒薬なんだと。

というわけで、

傷口や皮膚の消毒薬についてです。

細菌を殺すための代表的な方法として、大まかに分けて、細胞壁かそれ以外をターゲットにする方法があります。

細胞壁をターゲットにする抗生物質はまだまともな模様。細菌の細胞壁の主成分はプロテオグリカン。植物の場合はセルロース。人の細胞には細胞壁はありません。なんかこの辺って高校時代の生物で習った気がするよね?「ちょっと週末ランゲルハンス島行ってくるwww」とか。そういえばゴルジ体の断面図ってなんであんなに夢に出そうな図柄なんだろ。



怖い。

話がそれました。

つまり、傷口に使うには抗生物質は比較的安全なわけだ。

ただ、細胞膜や細胞質、核をターゲットにした殺菌法は人間の細胞にも作用してしまう。だって構造が共通してるしね。

アクリノール(リバノール)とか
ポビドンヨード(イソジンとか)とか
グルコン酸クロルヘキシジン(ヒビテン)とか
塩化ベンザルコニウム(オスバン)とか

これら、細胞壁以外に作用する消毒の仕方はタンパク質の構造を変えるってやり方なんだ。

熱湯を生卵にかけると白く変性するよね?チキンラーメン万歳。
あれと大体同じこと。

つまり傷口で、これから細胞分裂して傷を治そうって頑張ってる子達に熱湯ぶっかけてるってことと同じなわけだ。

そりゃ消毒すりゃ痛いさ。脳にも「痛い」って危険信号送るさ。当たり前だ。

しかも消毒薬って長くて1時間分程度しか効果ないんだぜ?

インフルエンザ騒ぎの手指消毒とか笑うしかなかったよね。あんなんおまじないだ。

1日1回病院で傷口の消毒とか、歯医者に通院して消毒とか。

イソジンで消毒した後は10分かけて自然乾燥させ、これを1時間ごとに繰り返さないと肌や傷口の細菌叢(さいきんそう:一定のバランスが保たれた細菌たちの生態系)は元通りなんだそうだ。

1日1回程度の消毒だと、あと23時間は傷口に細菌がウヨウヨしてますけど良いんでしょうか。

その状態で切れ痔とかだと、ウン○がバリバリに傷口通過してんのに、不思議と化膿していないってことは、傷口に細菌がいっぱい居ても良いんじゃないだろうか?むしろ化膿するっていうことの定義は何?

などなど、色々疑問が出てくる。その辺は下の本でも読めばおk。



こんな感じで、実害のあるモノはこの世から無くなってもいいんだけどさ、あんまり無駄な事に目くじら立てて

「仕分け(笑)」

ばかりするのも良くないことだと思うんだよね。

今更感漂うフォローだけどw

それでご飯食べてる人もいるわけだし。ん、でも徐々に世の中のあり方が変わっていけば良いのか。そのうち無くなった需要に対して別の需要が生まれればいいわけだし。

例えば、いきなり日本中の車という車が全部電気自動車になっちゃったら、ガソリンスタンド勤務の人とかガソリンエンジンの部品作ってる人とか、石油メジャーとかがリストラしまくらなきゃいけなくなって、一時的に経済が縮むだろうしね。

だから、徐々に、ジョジョにパラダイムシフトを起こしていきましょうか。

パラダイムシフト(英: paradigm shift)とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することを言う。パラダイムチェンジとも言う。

まずは手始めに消毒について。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
全然話変わるけど
宮崎で口蹄疫予防のために消毒って、建物の入り口とかに消毒マットしいてあったけど
あちこち歩き回った靴底を消毒
はたして不特定多数の人間がその消毒液に靴底浸して意味があるのか?消毒作用は持続し続けるのか?
と思っていた私が通ります

一般的な消毒剤でオキシドールとか売ってるけど
あれ、麺棒とか直接浸した瞬間汚染されるし
結構消毒剤って適当だよねーって
思いました

そんな私はゴルジ体の断面図を見ると心が躍ります
可愛い・・・・!!
しきこ 2010/08/14(Sat)14:51:19 編集
Re:無題
手術の執刀前の術野の消毒,カテーテル挿入前の術野の消毒なんかは意味があるようだけれども、その場合だと、感染や増殖を防ぎたい細菌やウイルスが「何ていう種類か」にもよりそうだね。消毒液内で活動できる種類もあるそうだしなぁ。

今だにリソソームとリボソームがごっちゃになる俺。
【2010/08/14 16:57】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]