今も昔もアクションゲーは人気のようだ - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 正月三が日は秋田の実家に帰省していて、そのとき甥っ子3人の相手をしてきました。歳は8~11歳くらいの奴らなのですが、私がPCでブログ更新をしていると「これゲームできるやつだ!ゲームやろう!」と言いだしました。

親の教育方針のせいかゲーム機は買ってもらっていないようで、前に母方の実家に行った時フラッシュの棒人間格闘ゲームにハマったらしく、それで遊びたいようでした。

で、まぁそのノートに入っている他のゲームなんかでも遊んでもらったわけですが、意外と今の子らもファイナルファイトとか単純なベルトフロアアクションが好きなようです。ボタンをポチポチ押すだけのソーシャルゲームを好きになるよりは好感が持てるのですが、それは単に私の好みの問題なのでしょうか。

 時代が変わってゲーム会社の「稼ぎ方」が変わるのは仕方ないところもあります。ま、そもそもデフレで景気が悪いというところも、みんなが娯楽にお金をあまり割かなくなった原因の一つだとは思いますが。ただ世の中に発売されるゲームの形が少々変わっても「何を面白いと感じるか」は変わらないのかなと、甥っ子3人を見ていてなんとなく思いました。

 私は小さい頃、小学1年からゲームが大好きでほぼ毎日ゲームセンターに通っていました。小遣いは全てゲームに消えるわけですから、いかに少ない小遣いで長く遊べるかを真剣に考えるわけです。上手い人のプレイを参考にして真似してみたり、友人がいれば二人で問題解決のためのプレイに関する相談をしてみたり。

そしてお気に入りのゲームをワンコインクリアした時の達成感を味わう。どうだろう、今のソーシャル課金ゲームって達成感も味わえるんだろうけど、それよりも自己顕示欲を刺激されることのほうが多いんじゃないかな。そしてそこにつけこまれて課金したくなるというね。

まぁラグナロクオンラインを数年やってた癌畜(ガンホーオンラインエンタテイメントに飼いならされた家畜の略)の私が言えた義理ではないですが。

 つまり何が言いたいかというと、子供にはそこそこゲームを遊ばせたほうがいいんじゃないのかなーということです。

多分夢中になることが多過ぎて、他のことがおろそかになるのは目に見えるので中々心配ですが。

昔サルのようにゲームで遊んでた奴らがいい大人(?)になっているところを見ると、ゲームでの問題解決能力の育成や、効率化を求める思考が必要とされるところなんかも無駄じゃなかったはず、と思いたいのです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]