EPAよりも糖質制限でしょ - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1216]  [1215]  [1214]  [1213]  [1212]  [1211]  [1210]  [1209]  [1208]  [1207]  [1206
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR


生活習慣病の薬、市販に 初認可、医師会は反発
【生田大介】メタボ対策の薬もドラッグストアで――。生活習慣病の薬では初めて、効き目は強いのに病院の処方箋(せん)なしで買える「スイッチ薬」の販売が28日承認された。ただ、安全面などを懸念する医師側は「まず診察を」と反発。今後、新たなスイッチ薬が認められるかどうかは不透明だ。

 厚生労働省にスイッチ化を承認されたのは、持田製薬の高脂血症治療薬「エパデール」。イワシから取るイコサペント酸(EPA)を高純度で含み、血液中の中性脂肪の値などを下げる。スイッチ薬は今後、販売契約をむすんだ大正製薬などが売り出す。

 スイッチ薬は従来、水虫や胃もたれなど比較的軽い病気の薬が多かった。だが厚労省は2002年、高血圧や糖尿病といった生活習慣病などにも広げる方針を決定。すぐ病院に行くのでなく、まずスイッチ薬を使う人が増えれば、医療費が抑制できるという思惑もあった。
http://digital.asahi.com/login/loginselect.html?jumpUrl=http%3A%2F%2Fdigital.asahi.com%2Farticles%2FTKY201212280573.html%3Fref%3Dcomkiji_txt_end_kjid_TKY201212280573


 これまた販売しづらいお薬が第一類に認可されましたな…

記事ではメタボ対策と銘打っているけれども、高脂血症の改善と血液が血管内で固まるのを防ぐのが主作用ですよね。だから「痩せる!」とは言えない。


クスリなんぞ飲まなくっても、糖質制限すれば中性脂肪とコレステロール値なんかは改善するでしょうに…。

そうそう、この正月は秋田の実家に帰省していたんですが、そこで思ったのが


「秋田はやっぱり砂糖とりすぎだということ」


とにかく味付けが甘い!!煮物やすき焼ききんぴらなどなど…


あとこの豆腐カステラってなんだよぉ!せっかくの豆腐に砂糖いれてどうすんだ。つーかこれほんとすげー甘いんだけど。どうも秋田県南部限定のスイーツのよう。子供の頃から慣れ親しんでて不思議に思わなかったけど、スゲーよなこれ。

まぁ、普通の食事で納豆に砂糖入れて粘度を上げるお国柄ですから。いや、納豆に砂糖を入れる目的は味なのかしら?


秋田名物!サラダ寒天の全て

 そして一部で有名になったサラダ寒天。味付けは勿論、甘々です。とにかくサラダっぽいものならなんでも寒天にしちゃって砂糖ドバー。殺す気か。地元の料理なので愛着はあるのですが、「だから秋田の寿命は短い方から数えたほうが早いんだよ!」と言いたくなります。また、日本酒の消費量もヤバイんですよね。

 今ちょっと日本酒消費量を調べていましたらこんな面白いサイトを見つけました。

都道府県別統計とランキングで見る県民性

いや、意外。日本酒消費量は新潟が一位なんですね。

 秋田の一人当たり約12リットルに対し、新潟の約16リットル。新潟恐るべし。あとうどんとソバの消費量は香川が一位なのは既定ですが、秋田が2位なのには驚きました。もう、なんというか糖尿病になるために生まれてきたかのようです。なお、がん患者数などのダメなランキングで軒並み高位を獲得している所が涙を誘います。ほんと気をつけよう。

 最近ウチの家族は、私の洗脳が効いてきたのか糖質をやや避けるようになりました。母がちょっと倒れたせいもあるのでしょうが。いいから魚と肉と根菜以外を食べろ。

ただ、やはり長年「ご飯」というものとともに暮らしてきたせいもあって、お米を完全排除するには抵抗があるようです。母の元職場も「米卸問屋兼精米所」みたいなところでしたし。米あっての生活なのでしょうか。

秋田や新潟もそうですが、県の寄って立つところが「米どころ」「酒処」というステータスがありますので、なかなかその誇りのようなものを無視するわけにはいかないのでしょう。そもそも日本国自体が「瑞穂の国」とか言われて昔の税金、年貢も米で収めるほどですからね

カロリー制限の生活と、糖質制限の生活、。どちらも10年を超える大規模試験のエビデンスはないようですが、糖質制限で防げる病気と、タンパク質や脂肪を取り過ぎることによる弊害。これは糖質制限で防げる病気の方が多いことによるメリットの方が多いんじゃないでしょうか。

あぁ、それと30すぎのおっさんが運動を全くせずともウエストが絞れるというメリットは相当デカイと思います。

ご飯、麺類、小麦粉や米使ったお菓子、いも類を控えなくてはいけないが、大した運動をせずに痩せる、そして生活習慣病からおさらばできるということ。

好きなもの食べてデブって病気になりやすい身体になっても後悔しないこと。

さぁて、どちらの生活を選びましょうか。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
糖質
はじめまして。

今冬、突然、焼き芋の美味しさに出会い、
毎日のようにサツマ芋を焼いている新潟県人です。

自分でも、糖尿病予備軍ではないかと恐れており、糖質摂取を控えたほうが良いと思うのに、ついつい甘さの魔力に負けていろいろと食べてしまいます。

自らの体験?で、論文を書くことができるのではとさえ思うほど、糖質が体に良くないのではと感じることがあります。

しかし・・・
サツマイモのもつ良い点を考えると、その甘さを喜んでいる老いた母に「食べない方が良い」とも言えず・・・。

焼き芋を食べる分の糖質をどこかで控えてくれることを願うばかりです。

焼き芋三昧 2014/02/06(Thu)12:38:54 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]