お手紙は大変 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[976]  [975]  [974]  [973]  [972]  [971]  [970]  [969]  [968]  [967]  [966
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 脳にある「線条体」という部分は、自分の周囲の人からの評価や評判に対して反応する。

おいしい食べ物をもらったり、お金をもらったりするときと同じように、評価や評判に対して線条体は悦び、反応する。


居酒屋で飲んだ時に、人におごって「ありがとうございます」と言われて嬉しい気持ちになるときなんかに、そこが反応しているんだろうか。

そうすると、私の線条体は良く訓練されすぎて、かなり悦びがちということになる。アルコール中毒じゃないけれど、脳の快楽物質中毒者みたいなものなのだろうか。


困ったもんだ。



 また、線条体以外にも脳には「報酬」を出してくれる場所がある。


誰も見ていない上で、自分が得をしないあるいはむしろ自分が損をする行動を選択したときのみ活動する脳の場所も確認された。

それは「膝下部」と呼ばれる場所である。

 このあたりから分泌されるホルモンがオキシトシンという、最近注目されているものだ。オキシトシンは社会的結びつきや協調性を高める物質ではないかという論議が、盛んにおこなわれている。
小阪裕司【お客様の「特別」になる方法】より抜粋




 街中に落ちているゴミを拾ってゴミ箱に入れた時や、電車内でお年寄りに席を譲ったときなどにも、オキシトシンは分泌されているんでしょうか。


自店で買い物をするという行動に対して、お客さんの脳でオキシトシンが分泌されるようにさせるためには、関係づくりのため定期的に「会うこと」や「手紙やDMで会わないで会う」ことが必要になるんでしょうね。


しかしこのお客様への「売込みじゃない」手紙ってのがまた自己開示が必要で大変なんですよね。


大変というか怖い。


「あぁ、こんなこと書いて嫌がられたりしないだろうか」

「こんなこと書いてあきれられたりしないだろうか」


そんなことを思ってしまう。

POP書くときも一緒ですね。キャッチコピーに現れてしまう自分のセンスを衆目に晒すわけですから。

でも、まずは行動しないとホントはじまらないですよね。3年後どうなるかを目指してやってみます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]