クスリは覚悟して使いましょう。 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
2009年12月15日 <新型インフル>接種後に死亡70件…副作用ケースはなし
 厚生労働省は13日開いた新型インフルエンザワクチンの副作用に関する専門家検討会で、接種後に死亡した事例が10日までに70件報告されたことを明らかにした。ただし副作用により死亡したケースはなかったとして、検討会はワクチン使用の継続を決めたが、一部については接種が基礎疾患の悪化を招いた可能性が指摘された。

 厚労省によると、報告があった副作用は約930万回分の出荷に対して1538件で、このうち死亡70件を含む入院相当以上の重篤例は199件。医療機関が「因果関係あり」と判断したのは、このうち81(死亡は0)件だった。また、専門家の精査の結果、神経まひを起こすギランバレー症候群が4件、呼吸困難や血圧低下などを起こすアナフィラキシーショックが30件含まれていた。

 検討会は、副作用や死亡の報告頻度に大きな変化がないことなどから「新たな対応は必要ない」との意見で一致。一方で死亡例の中には、かぜの症状があったのに接種したり、接種後に間質性肺炎などが悪化したケースがあり、基礎疾患のある人への接種リスクについて情報提供や疫学調査の実施を求める声が出た。【清水健二】12月14日11時12分配信
毎日新聞


薬害タミフル脳症被害者の会より。

ソースが毎日新聞なのがすみませんて感じですが、興味深いことですよねこれ。

副作用による死亡のケースはないって。
因果関係がないって言い切れるのかなこれ。怪しすぎるよな。

普通のインフルエンザワクチン接種後に、具合悪くなったり、発熱したりっていう事が身の回りであるしな。


いかにQOL(Quality of Life:生活の質)をカバーするためとはいえ、

9,300,000分の199の確率で入院が必要な程度の副作用、

9,300,000分の70の確率で死ぬ。

これを覚悟しつつクスリを摂取するってなかなか勇気がいることだよね。

実際に友人知人が副作用によって苦しんでるのを知っているというのなら、尚更クスリに頼ろうなどとは思わなくなるだろうね。

ちょっとまった。

良く考えたら930,000分の7って確率高くねぇ?!

すげぇなインフルエンザワクチン。
分母が出荷数だから、実際に摂取した人数はもっと減るだろう。そうすると確率は更に上がるはず。

いい加減過剰なクスリ信仰は捨てるべきだと思うけどね。

エリクサー(体力全回復)なんて都合のいいものはこの世にはないんだ。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]