俺の鉄球を見てくれ。どう思う? - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1118]  [1117]  [1116]  [1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
インドネシア人看護士の

「日本人は時間を守りません。遅刻に対しては大変厳しいのに、仕事の終了の時間は守ったことがありません」

『POSSE』vol.16、安里和晃インタビュー「EPAは介護・看護現場を変えたか」より

このツイートをどなたかがされたようで、大層な反響を呼んでいるようです。


うん、うまい。ナイスジョーク。


この手の奴隷の鉄球自慢の際に頻繁に登場する話題で

「お疲れ様です」と、

勤務から上がろうとするものに対しての

「上がるの?」という嫌な空気についてですが、

各個人の仕事に対しての考え方の違いなのでしょうが、店長や社員を見ていると

「仕事はシフト内できっちり終わらせる」派と

「仕事はシフトが終わってからお客さんを気にせずゆっくりと」派、

の2つに大きく別れるような気がします。



ここで問題なのが、「仕事はシフトが終わってからお客さんを気にせずゆっくりと」派の中で、居残り趣味時間を他人に強要したり、それこそ奴隷が自分の鉄球の大きさを自慢しあうように、「俺昨日3時まで居残っちゃってさー」と口に出してしまう上司の存在です。ごめん、たまに俺もミサワ化してる時がある。

まぁ、同僚同士で言い合うのはまだ良いとして、それが部下に伝わってしまった瞬間に、その上司の仕事に対する考え方が文化として残ってしまうことになりかねないからです。なりかねないと言っちゃってる時点で、俺がそういう自己犠牲的な考えを嫌っているということが丸わかりなわけですが(゚∀゚)

本来は勤務時間中に毎日の仕事を終わらせるための作業割り当て表なり、シフトなのですから、完遂させるべく効率化を突き詰め、それでもダメなら大本のシフトや作業割り当てが間違っているのです。

そしてその大本を作るのが店長の仕事なのですから、その店長が部下に対して「上がるの?」みたいな空気を出すなど言語道断です。そしてその空気は店舗全体に広がり、いつしかそれが文化として定着してしまうことに。全員1時間くらい定時から過ぎないと上がれない」


「お前が脚本書いて演出してるんだから、役者のせいにばっかしてんじゃねぇ」って感じでしょうか。


しかしあれですね、「仕事」という言葉がみんなの心にどういう形で響くのかが鍵ですね。

「やらなくてはいけない面倒くさいこと」なのか

「人生を表現するための楽しい遊び」なのか。

出来ればみんなが後者であって欲しいのですが、全員同じ気持ちっていうのもちょっと気色悪いですし、

「自分はやりたくないけど誰かがやってくれるから助かる」

という仕事もあるわけで、そういう職業に勤めていらっしゃる方には適用しにくい考え方ですね。ほんと夕食作るのめんどいので、料理人の方々には頭が下がります。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]