店長が楽をしたいのなら - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1687]  [1686]  [1685]  [1684]  [1683]  [1682]  [1681]  [1680]  [1679]  [1678]  [1677
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
『サービスの標準化』という題目のセミナーを受けてから2週間ほど経ちました。店長副店長、一般社員の皆様、何か新しいルール、マニュアル作りは進んでいますでしょうか。

 店舗の棚作りなどのハード面ではなく、接客接遇のソフト面に注力している店長がすこしづつ増えてきました。いいことだと思います。あぁ、でもハード面には『POPの書き方』も含まれていますから、どちらもバランスよく見て欲しいなとは思います(笑)

 ソフト面と言えば代表なのがレジ、および店頭での接客接遇です。そうそう、どのお店にもベテランのパートの方がいらっしゃいますよね。もう何年も勤務されていますから、お店の看板となって常連さんの顔も百人単位でご存知でいらっしゃいます。経験も豊富ですし、お客さんとのおしゃべりの挙句に商品をぽろぽろ売っちゃうなんてこともしばしば。

それならお店でレジに立つスタッフ全員をそのパートのおばちゃんと同じ程度に育て上げられれば、かなり強い『ウチを選んでくれる理由』になりますね。

まぁ、さすがに昨日今日入ったアルバイトの子に、十数年接客経験のあるおばちゃんのように「あら、○○さんこんにちは~」なんて接客の味を出させるのは無理でしょう。

でも、チェックシートやマニュアルを使えばある程度は『全スタッフの平均レベル』をあげられます。飽きずに慣れずにやればね。

私の好きな漫画に『昴』って作品があります。


これの何巻だったか忘れましたが、『一人で踊ってる分にはそんなに注目されないけど、指先まで完璧にそろっている動きがあれば、人は注目せざるを得ない』なんてニュアンスの台詞がありました。

うん、『100点の接客の良い方一人よりも、85点の接客をするみんな』の方がお客さんの口に上りやすくなるような気がします。「あそこって接客良いよね」と。ここまで言わせることができれば、それはもう『ウチをお客さんが選ぶ理由』になりますね。

背広着たお客さんには必ず『お疲れ様でした』って言うとか
雨降ったときには必ず『足元お気をつけてお帰りください』って言うとか。

そして、もちろんその接客のいいパートの方が、引退したり手を抜くわけじゃないですから、『接客85点のみんな+100点のおばちゃん』になるわけです。

一度お店のみんなの『やる気がそろえば』何を行うにしても全員で『必ず』やるわけですから、すぐにお客さんの頭に刷り込まれて『あそこって○○だよね』と言われる店舗になるわけです。

何より、このみんなのやる気がそろうと店長がすんごい楽になるんだよなぁ。もうサボりまくりだったわwwww
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]