浣腸したらシャボン玉ふわり - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[965]  [964]  [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 身近にあるものでも、使い道がわからなければその人にとっては無価値です。でも、その人の人生にその商品がなぜ必要なのかを伝えることが出来れば、今まで無かったものとして扱われてきたその商品は生き返ります。

多分。

というわけでメモがわりにグリセリンの浣腸の中身以外での使い道を。


台所用洗剤(なるべく界面活性剤の%が高いものを)     1

合成せんたくのり(PVA)カネヨノールなど     3

水    10

グリセリン     0.5

これを混ぜるだけで、かなり大きなシャボン玉が作られるようになります。



この遊びで大変なのはこのシャボン玉液作りではなく、実はシャボン玉を作るための「輪っか」とシャボン玉液を入れておくための容器作りだったりします。

輪っかは針金でできたハンガーを曲げて作って、それにシャボン玉液の「持ち」が良いように何かボロ布を針金周りに巻きつけてコーティングしても良いでしょう。

さらに大きいサイズのシャボン玉を作りたい時には、こういう器具を作るのも良いかも。



これだとシャボン液を入れておく「プール」をあまり大きくしないでも、紐でできた輪が畳まれるので、シャボン液をまんべんなくつけることができます。


何年か前に、店頭でシャボン液を作ってお客さんに遊んでもらってたことがあるんですが、このレシピで作ったシャボン玉は確かに割れにくく大きくできます。

ただ、道路にこれが飛んで行ってしまい、原付で走ってる方がシャボン玉に驚いて危うく事故になりかけました。気をつけましょう。

ちなみに、これを店頭でやってた月の合成せんたくのりの売上に異常値が出て、ちょっと笑えました。

1月 1
2月 2
3月 3
4月 1
5月 2
6月 24←

なんかこんな感じでした。

もう結構暖かくなったことですし、こんな遊びもいいかもしれないですね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]