焼肉での注意事項 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[597]  [596]  [595]  [594]  [591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

食肉、仕入れ前に汚染か 焼き肉店集団食中毒事件

焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒は、拡大の一途をたどっている。砺波店を利用した40代の女性が4日、死亡した。死者は富山、福井の両県で計3人に上り、23人の重症者のうち22人が富山県内に入院中だ。

 両県の事例で検出された腸管出血性大腸菌の遺伝子パターンが一致しており、仕入れ前の段階で食肉が汚染されていた可能性が高まっている。富山、福井両県警は砺波署を拠点に合同捜査本部を設置し、全容解明に乗り出した。 (後略


こんな事件があった後だけど、昨日焼肉行った。

一般に食中毒と呼ばれるものは、

(1) 細菌性食中毒(O-157、サルモネラ)
(2) ウイルス性食中毒(ノロとか)
(3) 化学性食中毒(傷んだ魚)
(4) 自然毒食中毒(キノコとかフグとか)

の4つに大きく分けられる。


今回の食中毒の原因の腸管出血性大腸菌O157とO-111は1に分類される。


焼肉行ったら、トング以外では焼く前の肉は触らないようにする。


これだけで、食中毒に対する防御になると思った。

トングが汚染されたたり、

人の傷口で他の菌が増殖するのを自らが爆発的に増えることで防いでくれる黄色ブドウ球菌が創り出す、耐熱性のエンテロトキシンが付着してたらどうするとか、

考え出したらキリがないですが。

トングの件は、何かみんな普通に気をつけてそうだけど、自分は今まであんまり気にしてなかったな。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
傷んだ魚って化学性に分類されるんですね…
菌が繁殖するとかじゃなくて成分になにかしら変化があって、そのせいで食中毒になるからとかなのかしら?(’
しろたま 2011/05/05(Thu)10:51:13 編集
Re:無題
サバとかの魚を常温放置した場合に、海中に普通にいて魚に付着したヒスタミン生成菌によってヒスチジンが作られ、それがヒスタミンになって経口摂取され、30分程度で、頭痛、発疹、嘔吐、下痢などの症状が出るんだと。

遊離ヒスチジンってのはサバ、アジ、イワシなんかの赤身魚に多いので注意とのこと。

で、発症したら抗ヒスタミン剤(病院で出る鼻炎薬なんか)飲ませるのだとさ。
【2011/05/06 08:31】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]