赤旗がデレた - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 ここ最近ある研修に参加しています。それも1月の間続くという。長ぇ。

その研修の参加者は、男が私一人で、残り4人が女の人。その4人と休憩時間にお話していたのですけど、高校無償化とか子ども手当のなんと凶悪な威力のことよ。


みなさん結構それを当てにしているんですよね。さすがに次回の選挙では同じ結果にはならないとは思いますが、それでも今と同じ党を第一党に選んでしまう方もいるのでしょうね。

 民主党は、政権与党としてはベストでは無く、ベターとしても選べません。というか政党として存在意義があるのかすら怪しい。


そこ行くと共産党はひと味違う。



社会保障充実と財政危機打開
消費税に頼らない道ここに
党「提言」各界懇談会 志位委員長語る
71団体110人が参加


 特徴の第一は、「社会保障充実」と「民主的経済改革」を「二つの柱」とし、同時並行で進めることです。

 志位氏は、日本経済の長期にわたる低迷・後退を放置したままでは展望は開けないと指摘。国民の暮らしと権利を守るルールをつくって所得を増やす「民主的経済改革」を実行し、260兆円もの大企業の内部留保を日本経済に還流させて経済を内需主導の健全な成長の軌道に乗せることで、税収を増やし、財政危機打開の道を開くこともできると語りました。

 同時に、「社会保障の段階的な充実」は(1)将来不安を解消し消費マインドを温める(2)地域に仕事と雇用を生む―という経済効果があると強調。

 「社会保障充実」と「民主的経済改革」が相乗的に効果を発揮し、社会保障・経済・財政の3分野で一体的に問題を解決する展望が開かれるとして、「ここに『提言』の一番の眼目があります」と強調しました。また、これは財政危機の歴史的原因を踏まえた提案だと説明しました。(抜粋

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-13/2012031301_01_1.html



 あれですね、今の与党とかみんなの党とかいうプチ民主党よりも良い事言ってます。ところどころ変なことも言ってるし、結論が謎なところもありますが、よほどマシに感じてしまうのです。

とりあえず「民主的経済改革」ってのが共産党なのに民主的なところが笑いどころなのかわかりませんが、具体的な内容を聞きたいところです。


それと最近、自衛隊への好感度が9割超で調査史上最高値になったことに対してコメントが聞きたい。ぐぬぬ?




赤旗がデレた↓

「赤旗」しか伝えない事実 こんなに

経済評論家の三橋貴明氏は著書『メディアの大罪』で「じつに適切な記事を書いていた」と評価し、「調査と分析にかけては、おそらく日本屈指の実力を持つ新聞社なのではないだろうか。冗談抜きで、日本の大手紙が何らかの理由で全滅したとしても、『赤旗』にだけは生き残ってほしい」としているほどです。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-02-26/2012022601_04_1.html


赤旗は明らかに自分から「赤いよ!」って言ってくれてるので安心して読むことができますね。まぁ、そういう点では

聖教新聞も同じように安心して読める新聞なんですけどね。(尊~い)

冗談はさておき、こういった記事も載ってたりするから確かに赤旗は面白いです↓


メキシコ 農民72%が経営破綻
“北米自由貿易協定の影響”


【メキシコ市=菅原啓】発効から18年を経た北米自由貿易協定(NAFTA)によって、メキシコの農民の72%が経営破綻に陥っている―メキシコ国立自治大学の学際分析研究所は、このほど発表したNAFTAによる国内農業への影響に関する調査報告書でこう指摘しました。

 報告書は、米国からの農産物輸入が増加し、国内農業に対するメキシコ政府の支援策が不十分であるために、2900万人以上の農民が、懸命に働いても、生活維持に最低限必要な物資を購入できない状況にあると分析しています。

 報告書はまた、右派政党の国民行動党(PAN)が政権につき、新自由主義的な政策がいっそう推進された2000年12月以降の約11年間に注目。この期間だけで、農民の実質収入は購買力で換算して42%も低下しています。

 1994年1月のNAFTA発効当時、サリナス大統領ら推進派は、同条約によってメキシコが後進性を脱して進歩に向かい、先進国の仲間入りを果たすと宣伝していました。

 今回の報告書について、経済コラムニストのフェルナンド・ベガ氏は3日付の日刊紙ホルナダの論評で、先進国に近づく「魔法のチケット」や「(約束された)天国はどこへ行った」と問い掛け、「NAFTAの18年間、それは無に等しい」と厳しく批判しています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-07/2012030707_02_1.html


 上の記事はNAFTA(北米自由貿易協定)についてですが、同じような自由貿易協定の、TPPデメリットを最も読者に伝えてくれていたのは赤旗かもしれません。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]