その無駄はムダじゃないよ - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907]  [906]  [905]  [904
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

「万里の長城」も津波防げず ルポ、東日本大震災から1年

明治、昭和の大津波を受け、岩手県宮古市田老地区は「万里の長城」と呼ばれる長大な防潮堤を築いた。しかし、東日本大震災で地区は壊滅的な被害を受けた。防災対策は機能したのか。9日、「長城」と対面した。(喜田義人、中陽一)


 田老地区の防潮堤の上に立ち、辺りを見下ろした。堤防に損傷がないのに、建物はほとんど残っていない。津波は海面から10メートルの高さを誇る防潮堤を越え、地区を襲った。1年経過した今も、その爪痕がくっきり残っていた。

 防潮堤は総延長2433メートル。上から見るとX字状をしている。中心点から北と西に延びるのが陸側の防潮堤、中心点から東と南に延びるのが海側の防潮堤。東方向の防潮堤は津波で崩壊。内側の集落は壊滅的な被害を受けた。

 震災まで田老地区に住んでいた大沢武男さん(68)が、串本町に親類がいる縁で地区内を案内してくれた。

 大沢さんは震災当日、妻の恵美子さん(63)と、母(89)のリハビリで海岸から車で30分ほどの距離にある病院におり、津波に遭遇しなかった。家に残っていた娘(40)と孫(7)も無事避難していて、5日後に再会を果たした。しかし、自宅は津波で流失。いまは車で30分ほど離れた市内で借家暮らしをしている。

 大沢さんの自宅跡は基礎だけが残っていた。周囲で形を残す建物は、鉄筋コンクリート造りの「たろう観光ホテル」ぐらい。3階まで津波に襲われた跡が残るこの建物は、震災を伝える「証人」として保存されるという。

 大沢さんは「防潮堤が津波の勢いを殺してくれたから全滅は免れたのだと思う。でも、地区に住む人は減る。過疎は進む一方だ」とつぶやいた。自身は地区内の高台に土地を見つけた。今年中に引っ越したいという。

 田老地区を歩いていると、あちらこちらで津波への注意を喚起する看板が目に付いた。かつて旧田老町役場に勤務していた大沢さんによると、防災教育は園児から始め、1933年の大津波があった3月3日に、毎年住民の避難訓練があった。

 ただ、昭和の津波から78年。語り継いできた記憶も風化してきていた。訓練の参加者も少なくなっていたという。市役所を訪ねると、防災担当が、11日に行う新しい避難訓練の準備に追われていた。

 住民の訓練は恒例だが、今年は職員の参集訓練を加える。震災当時は津波で1階が浸水。周りは海で外に出ることができなかった。停電も回復せず、司令塔は孤立した。

 市危機管理課の山崎正幸さん(46)は「『あの日』を思い出させる訓練に批判もあった。けれど、次同じ津波が来たら果たして対応できるか。『3・11』を教訓に、防災体制を検証しなければならない」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120310-00000003-agara-l30



>「防潮堤が津波の勢いを殺してくれたから全滅は免れたのだと思う。でも、地区に住む人は減る。過疎は進む一方だ」とつぶやいた。

平時には意味の無い建造物も、災害時に役に立つのなら作るべき。


普段役にたたない店頭の「在庫」も突然「あるだけ全部ください」なんて言われた時には役に立ちます。民間企業にとっては、必要以上の備蓄は経営上のリスクにもなりますけどね。


「こんな無駄な防波堤を作って何になる」
(何人か助かる)


「こんな誰も通らない道路を作って何になる」
(災害時の連絡道路)

よくこういった批判は聞こえますけど、そもそも政府は儲けを考えてはいけません。だって、儲けちゃうと民間企業の仕事を奪うことになってしまうから。

政府が良い施設作っちゃって、毎年30億の利益を生み出したとしたら、それは「民間から30億の利益が出るビジネスチャンスを奪った」ってことになるんですよね。お金はどっかからポッと出るわけじゃないから。まぁでも今はデフレなんだから、その稼いだお金以上に政府がバンバンお金使ってくれればいいのか?


 政府が出すべき利益というのは、トンネルや橋で孤立した地域を繋いで経済効果を生み出すことや、災害時に備えて幅の広い道路を増やすとか、

そういった「使用料金」なんかで直接利益は産まないけれど、そのものが建設されたことによって生じる経済効果を利益と呼ぶものです。その後税収が増えて、60年くらいかけて回収すればいいわけだし。

高速道路がもっとあれば、物流がスムーズになって荷物の配送時間がもう少し短くなるかもしれない。

リニア計画に国がお金を出しちゃってさっさと作っちゃえば、東京-大阪間が30分で結ばれて、一個の経済圏として成り立ってしまうかもしれない。


そうして作られるものには確実に、


「雇用を生んで周辺地域に潤いを与える」


という効果があるはずです。


いいんだよ。なんかよくわからん建物とかどんどん作っちゃってもさ。邪魔ならまた壊せばいいし、そうすりゃ壊すことにもまたお金掛かっちゃって、さらに雇用が生まれるじゃない。

あーでも、あんまりダムを作りまくると、渓流で釣りできなくなる可能性があるからそこは吟味してくださいね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]