まずは全員コミュ障だということを認めるところからだ - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1183]  [1182]  [1181]  [1180]  [1179]  [1178]  [1177]  [1176]  [1175]  [1174]  [1173
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 たった一言の言葉でも、見ず知らずの人と交わすことがストレスになる人もいる。

わたしです。



でも、それがストレスになると言ってそこから目を背けていてはいけない。

「自分は接客が苦手」「人と関わることが面倒」だということをまずは認めて、そこから、

「ではどうすれば自分はストレスを感じにくく、かつ、お客さんから見ても不自然じゃない接客に見えるだろうか」

ということを考えなくてはいけないだろう。そうじゃないとこれから手下、じゃなかった、部下ができた時、天然で良い接客をする部下を除き、まともな接客をする部下を育てることはできないんじゃないかな?


人から拒絶されることが怖いから、

無視されることが怖いから、

そういう気持ちが根底にあって、あなたは

「いらっしゃいませ」という言葉を普段の会話では絶対にありえないイントネーションで言っていませんか?

どっかのスーパーの

「はーいご利用ご利用ご利用ご利用~」なんていうあの賑やかしと一緒だ。


そうですね、絶対に返事が来ないであろう発声には、責任は生まれませんし、ストレスにならずに楽ですよね。

「らっしゃっせー↑」

「しゃいませー↑↑」

「うーーーーい。(ォライッ、ォライッ 」


一日だけでいいから、「いらっしゃいませ」というクソどうでもいい呼びかけを封印して、

「こんにちは」

「おはようございます」

「こんばんは」

だけの挨拶にして見て下さいな。


わりと大変ですよ?

結構無視されますから。イヤホンしてる方もいますし。

自分が「周りから見ても」相手にベクトルを向けた発言をしているのに、ガンガン振られますから。


みんな、

「いらっしゃいませ」という呼びかけは、リアクション不要の騒音に過ぎず、その言葉を発した瞬間から、

「売る方」

「買う方」

という立場を固定してしまう、二人の間に薄い壁を作ってしまう言葉だということを、理解はしておくべきです。


だって挨拶なら相手の顔を見て言うべきなのに、この言葉は相手の顔を見なくても言えちゃう便利フレーズですもんね。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]