パーントゥとなまはげとしつけ - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [742
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 これは怖い。なまはげと並ぶトラウマ製造祭り。





パーントゥ

パーントゥは、沖縄県宮古島で行われる悪霊払いの伝統行事。1993年に重要無形民俗文化財に指定されている。平良島尻と上野野原の2地区で行われているが、両地区で内容は異なっている。

語源

宮古島の歴史について書かれた『宮古島庶民史』(稲村賢敷、1948年)によれば、「パーン(食べる)+ピトゥ(人)」が訛化した言葉であると言う説が述べられている。
平良地区島尻のパーントゥ・サトゥプナハ(里願い)
「島尻のパーントゥ・プナハ」(宮古島市総合博物館)

年3回(旧暦3月末から4月初、旧暦5月末から6月初、旧暦9月初)行われるが、3回目には、面をつけた来訪神のパーントゥが出現することから、パーントゥ・プナハともいっている。保持団体は島尻自治会。

来訪神は3体で、選ばれた字島尻地区の青年が扮する。パーントゥとなった3人は、仮面を着け蔓草のシイノキカズラをまとい、全身に泥を塗る。この泥は、島尻小学校の東側にある「ンマリガー(産まれ泉)」と呼ばれる泉の底から取られる。「ンマリガー」は特別な泉で、かつて産湯には必ずこの泉から汲んだ水が用いられた。5人の女性神役(ミズマイ)にウパッタヌシバラ(拝所)で祈願をしてから集落に出て厄払いをする。厄払いは誰彼かまわず人や新築家屋に泥を塗りつけて回るというもので、泥を塗ると悪霊を連れ去るとされている。
パーントゥwikiより


語源が食人ってのも地味に怖い。ほんとメガテンに出てきそうです。

ちなみにこっちがなまはげ。




なまはげ

概要

冬に囲炉裏(いろり)にあたっていると手足に「ナモミ」「アマ」と呼ばれる低温火傷ができることがある。”それを剥いで”怠け者を懲らしめ、災いをはらい祝福を与えるという意味での「ナモミ剥ぎ」から「なまはげ」「アマハゲ」「アマメハギ」「ナモミハギ」などと呼ばれるようになった。一般的に、赤面がジジナマハゲ、青面がババナマハゲとされている(違う地域もある)。

鬼の面、ケラミノ、ハバキを身に付け、大きな出刃包丁(あるいは鉈)を持ったなまはげが家々を訪れ、「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」という荒々しい声を発しながら怠け者、子供や初嫁を探して暴れる。主人はなまはげをなだめながら丁重にもてなす。

同様の行事は同じ秋田県秋田市のやまはげ、秋田県能代市のナゴメハギ、山形県遊佐町のアマハゲなど、主に本州北部の日本海沿岸部各地に存在し、新潟県村上市や石川県能登地方にはあまめはぎが伝えられ、福井県には語源は異なるがあっぽっしゃなどの呼び名でも分布する。太平洋側でも北東北地方の岩手県大船渡市三陸町は吉浜のスネカがある。江戸時代に東北から藩主が入った愛媛県宇和島地方では、前述の低温火傷を「あまぶら」といって、あまぶらができるような怠け者が便所に入ると、「あまぶらこさぎ」という者があまぶらを取り去るという。
ルーツ

妖怪などと同様に民間伝承であるため、正確な発祥などはわかっていない。 異形の神が脅して教訓を与える祭として、鹿児島県薩摩川内市の甑島列島にトシドンという類似の行事があり、トカラ列島の悪石島にはボゼ神の祭がある。これらとなまはげを関連づける意見もある。また、「なまはげのモデルは、漂流してきたものの、異形で異なる言葉から住民と交われず、人里離れた場所にひっそりと住み着いた外国人(白人)ではないか」というような説もある。「農閑期の終わりを前に、農民を管理していた当時の役人が農民達の怠惰を戒める為に鬼のような形相で各戸を訪問してきたことがルーツである」などとも言われている。他にも秋田には、「漢の武帝が男鹿を訪れ、5匹の鬼を毎日のように使役していたが、正月15日だけは鬼たちが解き放たれて里を荒らし回った」という伝説があり、これをなまはげの起源とする説もある。
なまはげwikiより



こっちの怠けてできた、低温やけどを「剥いで懲らしめる」ってのも地味に怖い。

「悪いことをすると怖いものがくるぞ」という子供へのしつけ(?)に使える言い伝えやお祭りというのは、全国色いろあるようです。

パーントゥの方は一応神様で悪霊を連れ去ってくださるようだけど、何故にあの怖いデザインなんだろうか。

見ただけで呪われそうなフォルム過ぎて、子供の耳元でボソっと

「だから寝る前にトイレに行って歯磨きしようねって言ったでしょ」なんて囁いたら、一発でしつけが成功しそうなレベルです。


こういう行事を子供のしつけに使うのは良いと思うんです。どうせそのうちそんなクリーテャーはいないって気付くだろうし。ただ、根拠のはっきりしない偽科学や謎理論をしつけに使うのは良くないことだと思う。


「水にありがとう」とか

「ゲームでばかり遊んでるとゲーム脳になるよ」とか。


本当の情報の中に、嘘をちょっぴり混ぜると大混乱になるのと似ている気がする。

ゲームばっかりやってると、外で遊ぶ時間も減るし、みんなでゲームするのならまだしも小さいころからネトゲ三昧だったり、ずっと室内で一人で遊んでるのもそれはそれで悪影響がありそうです。

ただそれは友人、人間関係が危ぶまれるだけであって、脳とは関係ないですよね。




最後になまはげから生まれた秋田県ご当地ヒーローを紹介して終わり。wikiの記事、ボリュームあり過ぎです。

超神ネイガー


http://youtu.be/bmtj6ncaX-Y


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ンマリガー…シリトリの強い味方になりそうですね!
しろたま 2011/10/03(Mon)22:31:43 編集
Re:無題
相手も知ってないとンジャメナ状態でモメるけどな!(゚∀゚)
【2011/10/04 13:44】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]