細かく細かくブレイクダウンしましょう - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 もしあなたが新人店長で、売上が昨年と比べて芳しくなくて、何かしないといけないんだけど何から手をつけていいか分からない時は、目標と現状の差を出してから、それを1日あたりいくらいくら足りないかを求めよう。


1日あたりいくら売上が足りないかを、

1日あたりいくらお客様が足りないかを、

1日あたりのお客様があといくつ、いくらの商品を買ってくれたなら間に合うかを求めよう。

そうして求めたら、今度はお客さんが買い物かごをレジに持ってきて精算するまでの流れを細かく書きだしてみよう。

出来れば、まだ一度も店内に入ったことのないお客さんのパターンで。

例えば、

会社帰りに風邪気味のような気がしてきた

帰り道でぼんやり看板が見える

なんか薬局って書いてある

そこへ入る

カゼ薬コーナーって書いてあるところを見かけて立ち止まる

ちょうどノドが痛かったので「ノドの痛みに!」って大きく書いてあるやつを選ぶ

レジに向かう

並ぶ

並んでる間にのど飴が並ぶ列のレーンで目に入ったので手に取る

それも一緒にレジに持って行って買う



こうして一旦大雑把に細かく(?)分解してから、その都度その都度、お客様を次のステップに進ませられる確率を上げるような仕組みや仕掛けを考えてみると、今、自分が目標に向かって何をすべきかが分かりやすくなってくるはず。


店に入ってくれなきゃそもそも駄目だよね→じゃぁ店頭に「カゼ引いたら→へどうぞ!」って書いたブラックボードでも置いてみるかとか、

カゼ薬コーナーで立ち止まる人が少ないなぁ→じゃぁ地面にも「風邪ひきはここで止まって回れ右!」って書いてみるかとか

あんまり買って欲しいカゼ薬を手にとってくれないなぁ→じゃぁ「こんなにズッシリ入ってこの値段!常備薬に良いですよ!取り敢えず持ってみてくださいな」とでも書いてみるかとか、


色々と、確率を上げる「仕掛け」を作ることは出来るはず。そして挑戦してみて検証して、駄目ならまた考えるの繰り返し。



誰かを落とす時だってそうだよね。



いくら「外見より中身が大事だ!」って思ってても、なんとなく自分の身なりは気にしちゃうものです。それはそうしたほうが、落とせる確率が少しは上がるはずと思っているから。

※ただしイケメンに限る


という言葉もあるけれど、それだけじゃない、もちろん。


※ただし最安値に限る

という言葉もあるけれど、それだけじゃない、もちろん。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]