穿った見方は誘うネガティブ - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  [870
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 「悪魔の証明」という言葉がある。

元は中世ヨーロッパの土地の所有権をめぐる裁判から生まれた言葉だそうだが、今は例えば、


「福島原発事故による放射線量が安全なことを証明する」




というようなものに置き換えられているようです。

 「危険厨」「安全厨」とかいった言葉もありますが、難しいですよね。

「安全なことを証明する」ことって。

だって全ての「危険な可能性」を否定しなければいけませんもの。

対して危険なことを証明する側は、「たったひとつでいいからそれが原因の危険なこと」を立証すればいいだけ。


わりとアンフェアですよね。

一つ安全なら「安全」って言っていいことにできればいいのに。

まぁ、それには人の価値観の「死ぬ」と「生きてる」が等価値にならないといけないという結構無理のあることになるわけですが。


何やら御用学者さんたちにエールを送るようなお話になりましたが、別にそんな意図はありません。


ただ、


新しいことを始めなくても良い言い訳を、どうやって否定したらいいかなと思っただけなんです。


「人は信じたい情報を信じたがる」と、少し似ていますが、


どんなに夢のあるデータや情報も、うがった見方をしてしまうととたんに魅力に欠けるものになってしまいますよね。もちろん、経営に関してはそういった最悪の想定というものは必要ですけどね。


命に関わることならまだしも、そうではないものに対してはポジティブな捉え方をしたほうが、わりと人生楽しいと思うのです。


一つチャレンジして成功したなら、それは正しかったということで積み上げる自分の自信にしてもいいと思うのです。


だから、1,2年生よ、

例えばさ、フィギュアとか彫刻だって


付け足ししながら創り上げるのより、大まかに削り出してから削っていく作業の方が楽なんだよ?

演技だって、

「もうちょっと大きく!」よりも。

「もっと抑えて!」

の方が楽なんだって。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]