バック・トゥDARIUS - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1485]  [1484]  [1483]  [1482]  [1480]  [1481]  [1479]  [1478]  [1477]  [1476]  [1475
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
バナーとかでよく見かけてて気になっていて、評判もよさそうなので1、2巻買ったらどストライク過ぎて直ぐ様3,4巻書い増し。


 登場するアーケードゲームや家庭用ゲームが、1980、90年代あたりにゲーセンに入り浸ってたであろう世代に直撃過ぎる。まさに直撃100メガショックってな感じ。(SNK)ちょいちょいゲーメストネタを挟んで来るのもあざといけど微笑ましい。(さぁ、知らない人は「インド人を右に」でググるんだ)
ゲーメスト
『ゲーメスト』 (GAMEST) は、新声社が1986年から1999年まで発行していたゲーム雑誌である。アーケードゲームを専門に扱っており、その専門性の高さから全盛期には売り上げが30万部に達し人気を得ていたが、新声社の倒産と共に廃刊となった。

 サムライスピリッツが登場するくだりで主人公が口にする、「登りつばめ」でなぜかclassの「夏の日の1993」を思い出してしまった。サムスピでは十兵衛、右京使いでした。発売当時、まだ戦法が確立されていない状態での柳生十兵衛での58人抜きが思い出されます。取り敢えず中突きと登り中突きが強いんだよなぁ。右京のスライディング&登り燕&小足からの投げの「鬼の起き上がり3択」で連勝してたら台パン食らったのもいい思い出。ヒロイン、バックダッシュ燕使えるとか、そんな女居たら惚れるわ。


ところで、「価値を伝えて売れるためにはターゲットを絞る方がいい」と、尊敬するコンサルタントの藤村正宏先生は教えてくれました。例えば、

「卵かけご飯専用醤油」とか「カレーにかけるソース」とか「都会で暮らす一人暮らしのOL専用だらけるための一人旅」とか…「尖るほどに相手の胸に突き刺さる」って感じでしょうか。

それにしても、「若いころ不良のたまり場とか言われてた1990年初頭にゲーセン入り浸りだった今はオッサン」ターゲットのマンガとか、どんだけ狭いターゲットなのよ。そしてそれが許される程の規模を持つマンガ産業なのよ

凄いね日本のマンガ業界って。

そして藤村先生が仰ってたこと、

「アトラクションで、未来を想像させるものは毎年改装をしないと集客が見込めないが、ノスタルジーを感じさせるアトラクションは、そのままでもずっと集客し続ける」

「人は想像出来ないモノよりも知っているモノを好む」ってことをしみじみ思い出しました。

ま、でもバック・トゥ・ザ・フューチャー2は面白いぜ?見ろよな。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]