インフルエンザはかぜですよ。 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
何度もいいますが、かぜぐすりはほとんど全てが、かぜに伴って起きる不快な症状を和らげるだけのものです。

 鼻水やくしゃみ、あるいは咳は、鼻や気管支の粘膜に異物であるウイルスが取り付いたためにそれを追い出そうとしているからだの防御本能です。くすりでこれらの症状を抑えると、病気の原因を取り除こうとしている自分自身の力を削ぐことになり、かえって病気が長引くことになるのです。

 かぜぐすりの最大の副作用は、病気の治りを遅らせ、悪化させることです。しかし、それだけでなく、対症療法の薬剤はそれぞれ、脳症・多臓器不全を起こしたり、けいれんを誘発したり、血管を収縮させて血液の供給を滞らせ、特有の害(副作用)を起こします。


「くすりで脳症にならないために」より抜粋。

高熱を出している時、強い解熱剤を飲んで脳症に。

結構前からこの話はあったんだけど、タミフル(オセルタミビル)も気になります。

臨床試験ではタミフルを使用するとインフルエンザが半日~1日治るのが早くなるそうです。

そんなん寝てりゃいいじゃねぇか。

ヘルペシア(アシクロビル)しかり、なんかそんなイメージがあるねー。

ちなみに、

メーカーが行った動物実験では、離乳前の赤ちゃんラットにタミフルを飲ませたところ、24匹中18匹が7時間以内に死亡しました。うち6匹は死亡前にチアノーゼが認められ、解剖で9匹に肺水腫が認められていたのです。

 生後14日めのラットでは56匹中わずか1匹、生後42日のラットの死亡は0でした。

 その理由は、「ヒトでもラットでも、赤ちゃんのころには、酵素と脳の血液-脳関門など、からだの機能が未熟なため」ということです。


そのため2004年1月、タミフルの販売元ロシュ社と日本での販売会社である中外製薬は、小児科医に対して、「1歳未満の乳児には使わないように」と伝えました。


引用ここまで。

さて、

気になるのがここ最近のニュース。

3歳、5歳、36歳死亡、などありました。

インフルエンザでの死亡ニュースに必ずといっていいほど、「タミフル服用後~」とあります。

ま、タミフル飲んで治ったっていう話はニュースにならんわな。飛行機は落っこちなきゃニュースにならないのと一緒。(この辺が救いがたいね)

その辺を加味してもかなり黒いよね。このクスリ。

最後に。

インフルエンザは単なるかぜです。

普通のヒトは寝てりゃ治ります。

インターフェロンを作るためのビタミンCと良質の(アミノ酸スコアの高いもの)たんぱく質を摂ればさらにおk。シジミが一番いいようなんだが、そんなもんガツガツ食うわけにもいかんので、卵がいいようです。そうだねプロテインだね。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]