高校生でもわかる日本経済のすごさ! - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
三橋さんの本を本屋で見つけたのでまた買いました。

「高校生でもわかる日本経済のすごさ!」


三橋 貴明 (著), 廣宮 孝信 (監修) \1500

相変わらず要所要所でマスコミに毒吐きまくっていました。

タイトルは随分チャらい感じでモテなのですが、
中身は経済初心者の俺にとって十分読み応えありました。

「本当はヤバくない日本経済」「ジパング再来」あたりの良い復習になったような。

読み始めて4ページ目で、

政府の負債を「国民一人当たり○○○万円の借金!」

とやる報道がいかにでたらめであるか解ります。

・・・なんか漫画でもあったなそんなの。アクメツだったっけか。

あとは日本国家のバランスシートが載っていたり、

日本は世界最大の金融資産を保有していることや、

政府が財政支出(ホントに無駄だと困るけど)をしないと景気が好転しないこと、

日本は内需依存の国家で、輸出額のGDPに占める割合は15%しかなく、輸出額から輸入額を引いた純輸出額になると対GDP比でたった0.14%になること。

日本が世界で最も犯罪率が低く、しかも毎年それが減少しているということ。

年金制度は2150年までいっても破綻などしないということ。などなど。

やーあれだな、自分の会社役員とか社長が経営センスとか経済センスが無かったらやだよなぁ。無きゃ無いで傍に詳しい人とかシンクタンクみたいなものがあればいいんだろうけど。

それと一緒で日本政府って会社をうまく経営してもらわないといけないのに、役員たる民主党は、何をするか決めてないまま政権取って取りあえず政府のムダ使いを減らそうとか言い出して、手段が目的になっちゃってるし。

平成21年度第1次補正予算にかかる事業のうち執行を見直す事業 [PDF]

↑財務省のHPで見られるPDFなんですけど、泣きそうになった。

医療保険制度の適切な運営(レセプトオンライン化への対応) 93.6億円とか

メディア芸術の振興(国立メディア芸術総合センターの設立) 116.9億円とか

最先端研究開発支援プログラム(先端研究助成基金) 1,200.0億円とか



なんかもう日本の伸びしろを刈り取るつもりだろうかね。

あと厚生労働省から6,314.3億円も削ってるんですが、

中には、

地域子育て支援対策(子育て応援特別手当) 1,100.9億円とか

ありました。あ、あれ?ここは目玉じゃなかったか?

はぁ、でも、こんな役員を選んでしまったのは俺ら一般社員なわけだ。

会社の業績が悪化するのは目に見えてるので、これもまたいいクスリになればいいか。俺のボーナスも減る可能性大だから良くはないけどな。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]