「どうするヒーロー?」「よろしいならば戦争だ」 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
「今日、夕飯いらないからね」

「せっかく今日は結構手の込んだもの作ったのに」

と、こんな会話が家庭内などであると思います。


何気ない一言で腹を立ててしまい、相手にきつい言葉をぶつけてしまう。


でもちょっと待ってください、その相手に対して腹を立てた気持ちって本当にあなたの「腹立たしい」気持ちでなんでしょうか。


その「腹立たしい」気持ち、本当はせっかく自分が手の込んだ料理を相手のためを思って作ったのに、今日それを一緒に食べられない、褒めてもらえないという「悲しい」気持ちだったのではないでしょうか。

つまり、


相手に悲しい気持ちにさせられた

酷いやつだ

それなら怒ってしまえ


こう変化してしまったのではないでしょうか。



こういった本当の気持ちの変化が、取り返しの付かないすれ違いや誤解を招いてきたと思うんです。たくさんの方々が。いや、多分俺も。


こういう時素直になればいいのですが、簡単になれたら苦労しません。なので、

反射的に返事をしてしまう前に、普段の色々な場面の時に、行動の選択場面で、

「理想的な行動をしてくれるヒーロー」を自分のこころのなかに住まわせておいて、選択肢が現れた時に、そいつに意見を求めてみるんです。

そうすれば上記の例のような返事をする回数も減るはずです。


ということを俺は、前に店長をしていた店で巻き起こったクレームの当事者に対してアドバイスをしたい。


どうも、電話口で相手のお客様が商品を調べて欲しかったらしいのだが、そのときお客様が少しもたもたしたため、「電話する前に調べてこいよな…」(ボソっ)

と、つぶやいたところそれが相手に聞こえていたらしいのです。

っていうかもうね、ほんとアホかと。


私たちは接客業という職についた時点で、一人ひとりが看板なんですよね。

程度はあるでしょうが、ただの人間とは少し違う生き方を強要されるようになる。

それは居酒屋で職場の人間と飲んでいるときにも、話題と周囲の様子に気を配らなければいけない。普段職場近くを歩くときも、あんまりしかめっ面で歩いてはいけないし、つばを道に吐いたりしてもいけない。


常に見られているということを心がけましょう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]