飴ちゃんとコミュ力と接客態度 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926]  [925]  [924]  [923]  [922]  [921
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
 テーマパークなんかに行ってアトラクション搭乗の列に並んでいる間に、些細な事から口論になって、喧嘩になってしまうことは良くあるようです。


女の方はその待ち時間込みで楽しみたいのに。

男はアトラクションに乗るということだけが目的に。


この「ズレ」が産む出来事は他にもあります。


相談をするのはいいけども実はどうするかは決まっていて、背中を押してくれるだけでよかったりする女。

そしてそれに気づかずに、まともにアドバイスをしてしまう男。

などなど、ありますね。

大雑把に男と女で分けましたが、もちろん性格とか育てられ方によりますので、男でも過程を楽しめたり、女でも結果優先の人は見かけます。

ただ、お酒が入ると少しまたその分け方も違ってくるような気がします。


お酒が入って会話が白熱(?)してくると、男も会話を通して解決策を求めると言うより、その若干議論に近いような会話、それ自体を楽しむようになりがちです。

なんか言い切ってしまいましたがいかがでしょうか。


会話それ自体を楽しむと言うと、思い出されるのが

「大阪のおばちゃんのコミュ力」です。


あのアレです。飴ちゃんから始まる一連の流れです。

接客で、解決策を寄り道なしにズバッと示すのも良いのですが、ああいう「会話自体を楽しむスキル」っていうのもやはり大事。

まぁ、大阪の方々が特別と言われればそれまでなのですが、マナーの上にそういう会話を楽しむ余裕があれば、目指すべき接客の一つになるでしょうね。

私たちは接客のマニュアル化を望んではいないはず。

最低限の接客マナーはマニュアルではなく接客ガイドラインとして、個人個人の色による多少の振れ幅は認めるべきです。

じゃないと、そのお店にあなたがいるからお客さんが来ちゃう、って現象が生まれにくくなっちゃいます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]