アルバイト船長 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1716]  [1715]  [1714]  [1713]  [1712]  [1711]  [1710]  [1709]  [1708]  [1707]  [1706
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
安全対策というのはどうしてもお金がかかります。売り上げというか利益には全くといって良いほど貢献しません。ですから、その企業に投資している方々にとっては『そんなことより利益を追え』と、なるでしょう。

でも、それがインフラ関係ならどうでしょう。安全第二で利益第一で企業運営するとどうなるか。どうやら韓国のフェリー転覆事件は、行き過ぎた規制緩和によってもたらされた事故のようです。
在独哲学者ハン・ビョンチョル、「セウォル号の殺人者は船長ではなく新自由主義」
セウォル号船長、労働市場柔軟化政策の結果...「責任感を持てず」

彼は最後に「セウォル号の乗務員のほとんどがいわゆる非正規職だったという点」に注目した。 ハン教授は「彼らは短期契約職だった」とし 「船長さえ非常に低い賃金の1年任期の短期契約職」、 「権威はなく、単に名前だけの船長」だったと指摘した。

ハン教授は「このような労働条件では、いかなる義務、船に対する強い拘束と責任感も持てない」とし 「だから人々は、まず可能なら自分を救う」と明らかにした。 そのため彼は「殺人者はそもそも船長ではなく、新自由主義制度だ」と強調した。(抜粋

凄いですよね……船長が非正規って。そんな乗り物絶対乗りたくありません。そりゃ船長が真っ先に船から逃げ出すのも責められません。誰がそんな職場に命をかけるかって話です。

さて、この事故を受けて『規制緩和』していい分野としてはいけない分野を考え直さなくてはいけません。

JR北海道の線路の整備をさぼっていた話も、典型的な『利益と防災』がぶつかる話でした。教育やインフラ設備(電力ガス水道)、交通などはガチガチの規制があって良いと思います。

規制があることに『既得権益だ!』と叫ぶ人は、大概「ずるい!自分にもうまい汁吸わせろ!」と言っているに違いないのですから。

労働の規制緩和を叫んでいる経済なんとか会議の方の中に、人材派遣会社の親玉がいらっしゃるのはそういうことです。

『規制緩和してうちがその分儲けたい』

ただそれだけのために、そのうちパイロットも非正規雇用になったりするんでしょうね。今、パイロット不足のようですし。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]