『コバエ症』っていう幼虫が腸内で孵化して下痢になる病気もあるそうな(嫌過ぎる - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1719]  [1718]  [1717]  [1716]  [1715]  [1714]  [1713]  [1712]  [1711]  [1710]  [1709
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
今年も『小バエ取れすぎクソワロタwwwwww』な季節がやって来ました。POPに『小バエ激取れで小バエがびっしりとれている様子』を画像拾ってきて付けて見たところ、POPを付けたお店で去年はバカ売れでした。

冒頭から小バエ小バエうるせーよって感じで申し訳ないのですが、実は『小バエ』という名のハエはいません。取り敢えず小さなハエを『小バエ』と呼んでいるだけのようです。

私達が自宅で見かけるいわゆる『小さなハエ』は、代表的なもので4種類います。

それではざっとそのオールスターをご紹介してお客さんとの接客にお役立てください。

まずは、

ショウジョウバエ
ショウジョウバエの和名は、代表的な種が赤い目を持つことや酒に好んで集まることから、顔の赤い酒飲みの妖怪「猩々」にちなんで名付けられた。日本では一般には俗にコバエ(小蝿)やスバエ(酢蝿)などとも呼ばれる。学名の Drosophila は「湿気・露を好む」というギリシャ語 δροσος (drosos) + φιλα (phila) にちなむ。これはドイツ語での通称が露バエを意味する Taufliegen であることによる。英語では俗に fruit fly (果実蝿)、 vinegar fly (酢蝿)、 wine fly (ワイン蝿)などと呼ばれる。
Wikiより。

なんだよ『猩々』って知らねーよ。メガテンでも見たことねーよ。

名前がフルーツフライって可愛いじゃねーか。確かにバナナとか果物を買って置いておくと、「買った時から既に卵がついてたんじゃないか」ってぐらいの勢いで発生します。

このショウジョウバエには世の中の様々な小バエトラップが良く効きます。コバエがホイホイ®を設置すると、まるで角切りゼリーにごまをまぶした様にどんどんトッピングされていきます。

ノミバエ
どうもwikiが見つかりませんでしたが、とにかく走るのが好きで「お前飛ぶより走る方が好きだろ」ってほどテーブルとかテレビ液晶表面とかを走りまくります。体長は2mmくらいで、体色は黒褐色でショウジョウバエと比べるとだいぶ黒ずんでいます。小さな隙間、網戸の網からも侵入し、食べ物や風呂の汚泥に産卵、たった10日前後で成虫になります。

目の前で走りまくる小バエがいたなら恐らくこいつです。画像はコチラ

個人的にはコバエ激取れ®の方がノミバエに関しては効き目があった気がします。白い誘引シート上に黒い点が増えていくのはなかなか楽しかった記憶が。



クロバネキノコバエ

ウチの本部センターで頻繁に見かけるコバエがこちら。窓際に放置してある蘭の死骸(?)から恐らくは発生しています。ノミバエよりもさらに黒く、少しツヤがありノミバエよりも細長いです。飛び方はそれほどすばしっこくないため、なんとか手ではたき落とせます。それでもやっぱりうっとおしいので、さっさとアースジェットなんかで叩き落としましょう。こいつには普通のホイホイ系は効きづらいのでハエとり棒園芸用®でも使いましょう。名前にある通り、菌類や植物やその死骸に集まってくるそうなので、園芸に縁のない方は、目にしている『コバエ』はこいつではないのかもしれません。


チョウバエ
多くの種は幼虫が湿地や池沼などの水際で藻類やデトリタスを摂取して育ち、目立たない生活を送っているが、限られた一部の種は人家の浴室や台所の排水周り、下水管などで有機物が蓄積し、微生物が繁殖してヘドロ状になった部分に生息し、時に大発生することがある。そのため不快害虫として問題になる。トイレに多く発生することから俗称で便所バエなどとも呼ばれることもある。幼虫は細長く両端が細くなった形をしている。見かけはボウフラとウジの中間くらいで、黒っぽい色をしている。

日本の家庭では、体長 4 mm 程度の灰黒色で大きな翅がハート型に見えるオオチョウバエ Clogmia albipunctatus (Williston, 1893) と、体長 1 mm 程度で翅を屋根型に畳むホシチョウバエ Tinearia alternata (Say, 1824) の 2 種がこうした人家生息種である。

日本産のチョウバエには吸血性は知られていないがアジア、アフリカ、中南米の熱帯地域に分布するサシチョウバエ類は吸血性でリーシュマニア症などの感染症を媒介する。
Wikiより。

コイツにはホイホイ系は効かないと言って良いのではないでしょうか。直接殺虫剤を吹き付けるか、発生源である汚泥の溜まる浴室の排水口や、お風呂の側面カバーを開けて、そこを大掃除するしかなさそうです。また下水道ではなく浄化槽に繋がっている家庭では浄化槽が発生源の可能性もあるとのこと。

こんな商品があるなんて初めて知りましたよ……

不勉強でいけませんね。
【特長】
◆トイレタンクにおくだけで、有効成分がチョウバエの発生源(浄化槽)に直接届き、チョウバエの発生を元から断つ不快害虫忌避剤です。
◆哺乳類や魚類への毒性が低い有効成分ピリプロキシフェンを配合。浄化槽内のバクテリアにも影響を与えません。
◆発生予防効果は約1ヵ月持続します(使用環境により異なります)。
◆酵素、キレート剤、界面活性剤配合で、トイレを洗浄し、汚れの付着を防ぎます。
◆流れる水は青色、香りはシトラスハーブの香りです。

【製品仕様】
◆内容量:25g
◆成分:ピリプロキシフェン(IGR剤)、香料、色素、非イオン系界面活性剤、陰イオン系界面活性剤

【適応害虫】
チョウバエ、ユスリカ

お客さんがコバエでお困りの時、そいつらが一体どこから発生していて大体どんな外見なのかをまずは聞き取りしましょうか。

っていうか、

まずはゴミ捨て場周りとトイレに『大正義バポナ殺虫プレート®』の設置を。


ジクロルボス
(dichlorvos)
●極めて速効性にすぐれている。
●揮散性が大きい。
●残効性は殆ど期待できない。 (D=ジクロルボス)

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]