炭水化物ってご褒美なんだね - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1032]  [1031]  [1030]  [1029]  [1028]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

スポーツ飲料:「口に含むだけで」効果がある理由

研究チームによるとこれは、人間の口腔内に備わっている炭水化物受容体が、食物の味覚とは無関係に、ただちに反応するためだという。炭水化物の存在をほんのわずかでも感知すると、これらの受容体はただちにその感覚を脳に伝達し、これからカロリーを含んだおいしいものが口に入ってくると予告する。つまり、実際に飲み込まなくても、糖分を感じるだけで、われわれは幸せになるのだ。

この実験結果からふたつのことが言える。ひとつは、スポーツ飲料は金のムダということだ。もしパフォーマンスを上げたいならば、おいしい味のする飲料で口をすすげばいいのだ。サイクリストたちのパフォーマンスを向上させたのは、脳の報酬系の活性化なのだから。(抜粋
WIRED japanese edition



 炭水化物って飲まなくても幸せになれちゃうのか…でも口から出すのはマナー的に遠慮したいものです。

というわけで、

弱スーパー糖質制限な暮らしを初めて約1週間。

体重は80kgから76kgへと減りました。前にも書きましたが脂肪がこのペースで落ちていたらえらいことですので、水分が抜けただけだとは思いますが。

相変わらずお腹は減らないので、昼にからあげ棒1本と6Pチーズ一箱とかサラダとか食べて、夜はアサヒスタイルフリー「糖質0」500ml*2本と刺身と焼き魚と豚の角煮やイカの姿焼きなんかをお腹いっぱい食べています。


とある店舗の新入社員とアルバイトもプチ糖質制限生活を初めたのだそうで、双方ともやはり最初に気がついたのは、

「ご飯を食べた後眠くなったり、だるくなったりしない」ということ。

その反応、なにやら怪しいクスリを飲んでしまった時の反応と似ています。

先ほどの記事の「報酬」という単語が頭に浮かびますが、炭水化物はご馳走であって、常食するものじゃなさそうです。

舌にとっては、糖=エネルギーなので飛びつきがちになるのもわかりますが、毎日ご褒美ばかり貰っていたら、いずれそのありがたみは薄れてしまうような気がします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]