情報の歪み - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
突然ですが、TPPなどで話にも上ることの多い混合診療とは?


保険診療において保険外診療(自由診療)を併用することは原則として禁止されている。通常であれば、健康保険(全国健康保険協会、健康保険組合、国民健康保険)が適用される診療内容にそれ以外の保険外診療が加わった場合、保険外診療分に加えて、本来、健康保険からの給付対象分を含めた医療費支払いの全額が患者の自己負担となる

Wikiより

がん保険で良く聞く先進医療などは特別に保険外診療プラス健康保険も利用できます。

今現在はその他の保険外診療については原則自己負担になりますし、その時併用している保険適用されている治療に関しても自己負担になります。

まとめると、現在は

「保険適用するなら全部保険適用になる治療法でやれ。そしたら国が保険で7割負担してやる。じじいは9割負担してやる。」

「先進的な治療にチャレンジしたいなら、併用している保険適用される分も全額自分で払えよ。国は一切払わないからな。」
※一部の先進医療を除く。

ということです。

もし混合診療が解禁になると、併用している保険適用される部分は国が支払うことになるので、今より医療費は増大します。でも今はデフレなので、政府の支出が増えるのは歓迎されるべきことですよね?

これを踏まえると…

経済界などが混合診療解禁を願う声の中におかしなものが混じっていることに気が付くはずです。

「財政破たんを防ぐため、公的医療費を抑制するために混合診療は必要なんだ!」

こんな声が上がっていませんでしょうか。


この発言、いろいろな意味で間違っていると思います。

デフレなのに抑制してどうするということと、

混合診療を認めた日には、公的医療費はむしろ「増える」ということ。


セルフメディケーションを推進して、医療費を抑制するということとはまるで違う話なのですねこれ。




不法滞在:チャーター機で強制送還 70人をフィリピンに

法務省入国管理局が6日、不法滞在のフィリピン人ら約70人をチャーター機で一斉に強制送還したことが関係者の話で分かった。コスト削減と安全確保が狙い。チャーター機による強制送還は密航者を除き、ほとんど前例がない。

 入管によると、不法滞在者には法務省が退去強制令書を発付し、民間航空機などで帰国させる。航空券代は自己負担が原則だが、送還を拒否している場合は国が負担せざるを得ず、付き添いの入国警備官数人分の費用も必要になる。(共同)
http://mainichi.jp/select/news/20130708k0000m040072000c.html


 今回のこの出来事にも、可哀想だなんだJALひどいみたいな意見が寄せられているようです。まぁ自分の知り合いのフィリピンの方が、人的にはとてもいい人で、同じ職場でずっと一緒に働いてきたのだが、不法滞在者ということがバレて強制送還させられそうになっている。

 というのならちょっと同情してやらないでもないけども、私の知り合いのフィリピンの方は、きちんと日本人男性に嫁いで日本国籍を取得して滞在していましたから、不法滞在なら送り返されてもしょうがないんじゃない?と思ってしまいます。

こういう「情」に流されたのか、この手の「かわいそうと言う私かわいい」系の方々の人気取りだったのかわかりませんが、2009年に民主党の法相によって、不法滞在で最高裁から退去処分を命じられた中国姉妹に対して在留特別許可を出してしまったこともありましたね。

どこかでラインを引かないと、というか法律で決まっていますから守りませんと法治国家としてやっていけません。

カルデロン一家のこともそうですし、


 今回の強制送還される側にもなんとかの会とかいう団体が「入国管理局を許さない!」という声を上げているようです。こういう方々には大津事件のWikiでも読んでいただきたい。

外国人犯罪率で見るとフィリピンの方々の上にさらにいらっしゃいます。あ、でも意外にブラジルより上なんですね犯罪率。



ですからきっとこれは、上の方々を送り返す予行練習なんだと思うことにしました。

 指示を飛ばした人と伝えたい人の間に誰かを挟んだ時、伝言ゲームではないですけど言いたかったことが曲解されて伝わったり、そもそも伝わっていなかったりしてもやもやすることがあります。

今日、とある店舗で働いていたのですが、本部からの連絡が現場の人に伝わっておらず、「指示を発信した本部の人間」が誤解を受けているようなことがありました。

この指示の不徹底というのはとても時間の無駄です。

そして情報がきちんと伝わっていないということは、最も大きなクレームの原因になります。

例えば「サービスが複雑過ぎてお客さんにきちんと伝わっていないがためのクレーム」


お客さん「あれ?この商品¥298じゃないの?」

店員「こちら会員価格の商品になりますので…一応POPにもそう書いています」

お客さん「こんなんじゃ分かり辛いわよ」


この受け答え自体が言い訳口調になっていてマズイというのはまぁ置いといて。

こっちが思っていることって意外と相手には伝わっていないことが多いです。特に伝えたい相手との間に「何か」を挟んだ時は。

最初っから直接伝えられればいいのですが、今回の事例などは「えー会社に自分のアドレス教えたくないなぁ」という意見もありますので中々難しいですね。店長達、しっかりしてくれよと思いますが、私もちょくちょく情報の伝達が上手くいってなかった時期がありましたし、あまり大きな声では言えません(;´Д`)


今回の件を考えていた時に何かに似てるなーと思ったのですが、あれでした。


賠償と謝罪を!と叫ぶお隣のかの国と日本との関係でした。



 橋下さんの発言で脚光(?)を浴びた慰安婦問題ですが、 そのことは既に両国合意の日韓基本条約にて

「もう賠償金も国家予算の1.5倍くらい払って、首相が謝罪したのでこれ移行は蒸し返さない!」

と、約束したのに、


それを韓国政府は国民に伝えていない。(一応公開はされているようですが、政府に都合の悪いことは省いた状態で、しかも【公開していること】を公開していない)それどころか

「賠償金は北朝鮮の分もウチラがもらっておくよー」

といいつつ、

「内戦の費用で全部使っちゃった(テヘ)」

という体たらく。


こんな有様ですから韓国の国民は日本を逆恨みしますわな。

まー韓国政府としては、向こうの国産教科書でも散々日本を悪者にして国民に「日本=悪」というイメージを植えつけた挙句、今更

「やー実は俺が全部お金使い切っちゃってさー」

とはなかなか言えないもの。本当に可哀想なのは国民ですね。


そして、韓国政府はどういう行動に出たかというと

「日本にもう一回謝らせて、もう一回賠償してもらえばいいんだ!」

という作戦に出ていますね。ずーっとですが。



情報を伝えたい相手との間に「何か」が挟まると、元のカタチが歪みがちになりますね。


意図的な隠蔽、過剰報道…「今のマスコミはかなりおかしい」と思う?

今年3月、維新の会に所属する中山成彬衆議院議員が"慰安婦問題"について質疑を行う様子がインターネット動画サイトにアップされた。しかしその動画は、なんと"NHKからの申し立て"により削除されることとなる。他の国会映像はネット上に溢れているにも関わらず…である。その後は中山議員自らが同動画をアップし話題になった。
近年、インターネットを中心に物議を醸している"偏向報道問題"。「ある事象について複数の意見が対立する状況下で、特定の立場からの主張を特に取り上げるべく直接・間接的に情報操作が行われている」。…少なくとも視聴者サイドには、その傾向を感じ問題視する流れがある。
テレビやラジオといった電波報道はもちろんのこと、新聞や雑誌も例外ではない。ジャンルも政治・経済から事件、裁判、芸能まで多岐にわたる。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでも「今のマスコミはかなりおかしいと思う?」という調査を実施した。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…92.7%】
■偏りが多く、自分達に都合の悪い事は報道しない。韓国系とか。
■犯罪被害者に対する配慮が皆無。不愉快極まりない。
■報道の自由の意味を勘違いしてると思う。
■番組を見ればおかしいのは明白。
■芸能人の妊娠情報や、離婚報道いらない。
■情報操作されている気がして信じられない。
■増税やむなしの洗脳報道をし続けたのはマスコミ各社です。
■マスコミは一般市民の為ではなく、スポンサーの為に仕事している。
■日本人による犯罪は増えてるの? 通名報道やめて!
■おかしい通り越して壊れてる。

【ナシ…7.3%】
■昔からおかしい。実際情報操作などは戦時中から行われてます。
■都合だけ取り、不都合はデマと決め付けるネットの流れのが危険。
■NewsCafeさんが明るい話題を扱って下さればそれでいいです。
■かなりと言う程でもないだろ。所詮は経済活動の商業放送にすぎん。

結果は【アリ派】9割超と、数多いアリナシテーマのなかでもかなり圧倒的な数字となった。寄せられたコメントも、マスコミへの抑えきれない怒りをぶつけたような内容ばかりである。なかでも特に多かったのは「犯罪被害者への配慮」と「通名報道」に言及する意見。今年1月に起こったアルジェリア人質拘束事件で、朝日新聞が遺族の意向を無視して実名報道に踏み切ったのは記憶に新しい。また3月には、韓国籍の強盗強姦容疑者をNHKだけが通名報道するという騒動もあった。
一方の【ナシ派】のコメントも「昔からおかしい」「所詮は商業放送」など冷ややかな意見ばかり。マスメディア全体への払拭しがたい不信感が溢れていた。
[文・能井丸鴻]
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/newscafe_1274492


ネットのアンケートですから、元からマスコミを信用していない層が答えているのでこの結果も頷けます。マスコミを信用しないとか、ふるさとが好きだったりすると「ネトウヨ」だと認定されるそうなので、この92%の方々はネトウヨということになりますね。普段からテレビを見ている層のアンケートだと、マスコミへの不信感ももう少し下がるのでしょうね。

 今日も橋下さんについての記事で、そんなこと言っていないと本人が否定している記事がありました。


<橋下氏>「政府に法的責任」 元慰安婦に表明へ
 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が24日に予定されている元従軍慰安婦の韓国人女性との面会の際、「政府には慰安婦に対する法的責任がある」との見解を表明することがわかった。元慰安婦に対する「配慮」を強調し、元慰安婦についての一連の発言に対する批判をかわす狙いがあるとみられるが、「法的に解決済み」としてきた政府見解とは異なる内容で、今後の日韓関係にも影響を与えそうだ。(後略
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130524-00000008-mai-pol




橋下さんも色々とうかつな発言もあったとは思いますが、さすがに捏造は参るでしょうね。発言の切り取りならまだしも。

発言内容の方向を意図的に曲げてしまう「発言の切り取り」、

マスコミ自身や中国、韓国にとって「都合が悪いことを報じない自由」、

とどめの捏造

これをやられたら、テレビや新聞だけが情報源の人はころっと騙されるでしょう。しかし今はテレビと新聞が全ての昔とは少し違います。マスコミの中の人は、こんなことを続けていてまだ大丈夫と思っているのでしょうか。

あぁそうそう、せっかく毎日新聞の話が出ましたから毎日変態新聞事件を再掲しましょう。


◇「母は、成績を落とさないために堕落する」 "More moms going down, to ensure grades go up!"(by 毎日新聞) http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/pages/16.html


※詳しくは 毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki

「日本の母親は息子の成績を上げるためにおフェラする」

 なんていう頭にクソが詰まってそうな記事を、さも日本人女性の日常として1989年から1989年から英字新聞で、2001年からはインターネットのMDN(Mainichi Daily News)で「世界中に」「英語で」配信し続けていたという事実を覚えておきましょう。

毎日新聞がですよ?多分世界中の読者の人も日本の大手の新聞が「嘘は言わないだろう」とおもいますよ。これらの記事を読んだ方々は恐らく信じてしまっていますよ。

そう言えばこんなことがあったと、覚えておきましょうね。

ヘイトスピーチがそのうち規制されそうな雰囲気になってきていますから(笑)
 今日、テレビのミヤネ屋で消えた年金問題ってのを取り上げていました。

視聴者の誤解を招く様な、問題だと思ったことがいくつかありました。

まず、年金積立金に関するグラフが0からではなく、(単位は兆円)110からのスタートでした。恐らく「年金積立金が予定よりも足りない!」という不安を煽りたいのでしょう。この「グラフの下限をゼロからではなく任意の値にする」という手法は良く使われるので注意してください。

ちなみに年金積立金は、年金の支払い全てをまかなうわけではありません。将来の支払い負担が増えたときのためにある緩衝材のようなものです。

 年金積立金の説明をせずに次の話題に移ろうとしたときに、出演者の一人が説明しようとしていましたが、CMの入りのため音声はフェードアウトしていました。CM明けに説明の続きがされていれば良いと思うのですが、私の休憩が終わったため確認できませんでした。

誤解を与える表現の二つ目。

「年金の未納率」が増えているということを取り上げていましたが、1号、2号、3号の保険者区分を説明しなかった件。

1号保険者は自営業や学生の方を指します。ですから未納ということが可能(?)なのですが、2号の会社員公務員の方は給料から天引きされるので未納はほぼ不可能です。3号は2号の配偶者ですので、これもまず未納にはなりません。

全ての年金対象者を対象に未納率を出すと、たった5%程度まで下がります。あの50%くらいのグラフは明らかにミスリードを誘っています。ひょっとしたらその説明も番組中にあったのかもしれませんが。

この年金の「号」の説明がないと、未納率が年々下がるグラフ、しかも50%(!)というデータを見せられると、将来自分たちの未来が暗澹たるものと感じてしまいます。

こういう「日本の未来は暗い」という空気が広がってしまっているのも、今の不景気の原因のひとつなのですが、それを作った原因はマスコミによるところが大きいでしょう。そしてマスコミ自身が作った空気のせいで広告料が減って、あげく自身の給与が下がったと騒いでいるわけですから始末に終えません。巻き込まれる普通の日本国民にとっては大迷惑です。

 ちなみに、年金を払わなかった人はもちろん年金を受け取れませんので、政府に負担はかかりません。だって払ってない人には払う義理はないですからね。さらに、年金未納者は自分が年金をもらえないのに税金によって「他人の年金分を負担しなければならない」というなかなかのハードモードになりますのでご注意を。

日本の未来は別に暗くともなんともなく、むしろ世界で一番マシなんじゃないでしょうか。




「悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである。およそ成り行きに任せる人間は気分が滅入りがちなものだ。」



アラン・コーナー
従軍慰安婦問題、河野談話で曲解広まる
 従軍慰安婦問題は1992年1月に朝日新聞が「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と報じたことが発端となり、日韓間の外交問題に発展した。

 記事中には「主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」などと、戦時勤労動員制度の「女子挺身隊」を“慰安婦狩り”と誤って報じた部分もあり、強制連行の有無が最大の争点となった。

 宮沢内閣は同年7月、軍による強制徴用(強制連行)の裏づけとなる資料は見つからなかったとする調査結果を発表した。しかし、韓国国内の日本批判は収まらず、政治決着を図る狙いから、翌93年8月、河野洋平官房長官(当時)が、慰安所の設置、管理、慰安婦の移送について軍の関与を認め「おわびと反省」を表明する談話を発表した。

 ところが、河野談話によりかえって「日本政府が旧日本軍による慰安婦の強制連行を認めた」という曲解が広まったため、第1次安倍内閣は2007年3月、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」とする政府答弁書を閣議決定している。

(2013年5月14日09時08分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130514-OYT1T00220.htm


 おー、ついに他社の新聞社が慰安婦問題の諸悪の根源が朝日新聞だと報じ始めました。「潰し合えー」という感じです。また、この記事をみてコレを思い出したのは私だけではないでしょう。




これをきっかけにみんなが「気がつく」ことになれば良いですね。
「日本の将来は暗いからなぁ」
「次世代にツケを回さないためには」

なんてこと言う人がいたら軽くたしなめて差し上げましょう。

「そんなことねーぞ」
「あなたは間違った情報に踊らされている」と。


国の借金総額 991兆円に膨らむ
国の借金の総額は、景気対策や財源を補うための国債の発行で、ことし3月末=平成24年度末の時点で前の年度末に比べ31兆円増えて991兆円に膨らみ、日本の財政状況は一段と厳しさを増しています。

財務省の発表によりますと、国債や借入金などを合わせた国の借金の総額は、昨年度末の時点で前の年度末より31兆円余り増えて、991兆6011億円となりました。
日本の総人口で単純に割りますと、1人当たりおよそ778万円の借金を抱えている計算になります。これは、昨年度の当初予算で44兆円余りの国債を発行したことに加え、景気の底割れを防ぐとして安倍内閣がまとめた緊急経済対策を実施するための昨年度の補正予算で新たに国債を発行したことなどが主な要因です。
財務省は、今年度末には国の借金の総額は1107兆円に達し、初めて1000兆円を突破すると見込んでいます。
こうしたなか政府は、経済財政諮問会議で来月をめどに中長期的な経済財政運営の指針=「骨太の方針」をまとめることにしており、財政の健全化に向けた社会保障の効率化などの道筋を示せるかが焦点になっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/t10014488961000.html


 国の借金という言い回しは、私たち日本国民が暗い気持ちになるよう、消費税が増税されるのも仕方ないと思ってしまうように作られた大嘘の言い回しです。脳みそから是非追い出していただきたい。

正しくは政府の借金です。

まず、借金というからには借りた相手が存在します。これは当たり前のこと。上記のニュースでは「国債の発行で」という言葉が出てきている通り、お金を借りたのは政府であることが分かります。

それでは政府は誰にお金を借りているのかと言えば、銀行や各生命保険会社などからです。


2012年6月末時点(確報値)日本国債・国庫短期証券の所有者別内訳(総額:940兆円)
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_40.html#JGB2


 銀行は「預けられたお金」をほっておくと、利子をお客さんに払わなくてはお金が出て行く一方になってしまうため、資金を運用する必要があります。本当は企業に貸してその利子を払ってもらうのが一番良いのでしょうが、今の日本はご存知デフレまっただ中なので誰もお金を借りてくれない。大企業は借りなくてもいいほどお金を貯めこんでいますしね。

そこで銀行は国債を買って「安全に」運用するわけです。

それでは、銀行は誰から預けられたお金を、国債を買うということによって政府に貸し付けているかというと、


私たちの預金を政府に貸し付けているわけです。


つまり政府の借金はイコール私たちの資産なのです。



ほら、これでもう「この手のニュースが大嘘」ということが分かりました。


×国の借金

◯政府の借金



×国民ひとりあたりの借金

◯国民ひとりあたりの資産

です。覚えておきましょう。


また、国の借金というのなら国全体の金融資産を合計して、海外から借りているお金が大きいのか、貸しているお金が大きいのかを見たほうがいいでしょう。政府の負債だけを取り上げるのではなくね。

自分ちのローンだけを取り上げられて騒がれても意味不明でしょう。収入とか、今貯金はいくらあるのかも語らないと。


2012年末時点(速報値) 日本の国家のバランスシート(単位:兆円)
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_42.html#12BS

上のグラフは日本経済をロールケーキの様に輪切りにした時に、誰がどれだけの借金と資産を持っているかをグラフにしたものです。バランスシートってやつですね。このグラフの上の方にあるオレンジ色した政府の部分。資産も500兆近くありますよね?これを意図的にニュースでは流さないようにしているのもおかしいものです。

そして日本企業はものを作る能力が余っているために、海外に輸出をしたり、海外に工場を持っています。また、特許もアメリカについで数多く持っていますので、お金がどんどん海外から手に入ります。

その稼ぎが凄いことになっていて21年連続で世界一位となっています。上のグラフの純資産ってところ。

日本は世界で一番お金持ちの国というわけになりますね。世間のイメージではどうあれ。


ですから、


「次世代にツケを残さないためにも消費税を増税しないといけない」


こんなことをいう人を見かけたらぶん殴って目を覚まさせてあげましょうね。

韓国非難決議に菅長官「尊崇の念は当然」
菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、韓国国会が日本の閣僚らの靖国神社参拝や歴史認識をめぐる安倍晋三首相の発言に対する非難決議を採択したことに関し、「国のために命をささげた方に尊崇の念を表するのは当然だ」と述べ、正当性を重ねて強調した。

 同時に「2国間関係全体に影響を及ぼすことは全く望んでいない。外交ルートを通じ真意を説明していきたい」とした。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130430/plc13043014270023-n1.htm


 先日から再三取り上げている墓参りのお話です。

韓国やら支那がいちゃもんをつけてくるようになったのは、どうやらあの朝日新聞さんが原因だそうです。
 遺伝子組み換え食物という言葉には、食べたらちょっと身体に悪いことが起こりそうな気がします。イメージ的に。でもそんなことを考えても仕方ないほど、私たちは既に食べちゃってるってことを知ってました?私は知りませんでした。

映画「テルマエ・ロマエ」の原作使用料が安すぎる
23日、バラエティ番組「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBS系放送)で、映画「テルマエ・ロマエ」の原作者が登場して、衝撃の告白をした。

今回の放送では、阿部寛、上戸彩の出演で大ヒットした映画「テルマエ・ロマエ」の原作者・ヤマザキマリさんが登場。ヤマザキさんは「映画の興行収入は58億円だったが、原作使用料は約100万円だった」「映画がいくらヒットしても私自身は全然儲からなかった」と衝撃の告白をしスタジオが騒然となった。

映画化の経緯としては、ある日突然「原作使用料として100万円ぐらい入金されるからよろしくね」と出版社に言われ、金額も勝手に決められていたという。さらには原稿で忙しいなか、一日中映画の宣伝のため拘束されても全てノーギャラ。しかし周りからは「映画の大ヒットで儲かってるんですよね?」などと言われ困ったという。ヤマザキさんは自身の原稿料にも触れて「1ページ2万円弱の原稿を描いてたほうがまだ儲かる」と明かした。(後略
http://news.livedoor.com/article/detail/7442593/



そう言えば「興行収入」という意味はどういう意味なんだろ。多分私達が使う「売上」という意味なんだと思うんだけど、ところで利益はいくらなんだろ。映画の出演者のギャラや撮影にかか人件費含む経費。それを差し引いての純利益はいくらだったんだろ。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]