恋愛の終わらせ時とジンギスカンキャラメルの売り方 - ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1304]  [1303]  [1302]  [1301]  [1300]  [1299]  [1298]  [1297]  [1296]  [1295]  [1294
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

見込みのない恋愛はさっさと諦めた方がいい理由(経済学)
経済行為に投じた固定費のうち、その経済行為を途中で中止、撤退、白紙にしたとしても、回収できない費用をさす。
簡単に言うと「投資したけど回収できないお金」のこと

http://matome.naver.jp/odai/2133738653604791101


 あー…うん。た、確かに恋愛だと取り返しのつかないうちに踏ん切りを付けたほうがいいことは往々にしてありますね。

 ただ、映画とか舞台とかの作品にはあるじゃないですか!

「けなし賃」
というやつが!

 どんなにつまらない映画でも、小説でも、舞台でも、とりあえず最後まで見ておかないと

「その作品を骨の髄までけなす権利」は獲得できないと思います。笑い話にできる権利と言いますか。



 つまらなかった作品、大変だったこと、どれも誰かと共感出来れば楽しい体験に早変わりするかもしれません。まーもちろん作品自体がが良かったり、体験自体が楽しかったりするほうがマシなのは言うまでもないでしょうけど。

でもありませんか?オチがクソつまんないがゆえに強烈に記憶に残っている映画とか、出来があまりにも酷すぎて記憶に刻まれすぎている作品とか。



そういう作品を楽しみつつけなすには、最後まで我慢して見とかないと信ぴょう性が出ませんよね。「あれ最悪らしいよ。見てないけど」、じゃぁ無責任過ぎます。けなす作品には、最後まで愛を持って接してから存分にけなすべきだと思うのです。だって、私たちはそのつまらない作品にお金を払ってしまっているわけです。つまり、存分にけなす権利を一緒に購入しているわけです。それならきっちりお値段分は楽しみませんとね。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]