- ドラッグアリウス 忍者ブログ
日記なのかブログなのかいまいちハッキリしませんが、ドラッグストア勤務のおっさんがぐだります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR
『このカードは次回お買上金額の5%を商品券としてお渡しするものです』と

『このシールを好きなモノに貼ってレジに持ってくれば10%の割引になりますよ』だと、

どっちがわかりやすいかな。そしてどっちがワクワクするかな。

ま、どっちも言うなれば値引きで安売りになるわけだから、正直選びたくはない戦法(?)なんだけど。それならせめてワクワクする方に切り替えたいと思ってね。

それと、上の説明のカードだとしっかりそのサービスの価値をお客さんに伝えづらいし、伝わりづらいように思えるんだよな。お年寄りには特に伝わってない気がする。

せっかく色お客さんのために考えだしたサービスだけども、その価値が伝わっていなかったら『何もしていない』のと同じですから。

シールのサービスは近くのスーパーがもうやっているんだけど、噂だとわりと好評なのよね。

お客さんの誕生月にそのシールを渡すという使い方もできるだろうし、他にもうまい使い方が広がる気がする。

価格に関するサービスしか浮かんでこないのが微妙ですが、ちょっとでもワクワクさせることができれば良いかな。

『全品10%オフ!!』もいいけど、

『100に一人のお会計がタダ!!!』の方が、

費用対ワクワク感が高いと思う。
最近セミナーやら雑誌の記事やらで『シニアをねらえ!』というようなことをやたら言われます。

確かに時代はアクティブシニアなのかもしれないのですが、『楽しくねぇ!』と思うのです。

これは自分がシニア層から少しずれているために、シニア向けの商品達に共感できないからなのでしょう。

店の作り方で、シニア向けの配置やら心配りなどはよく理解できるのですが、品揃えに関してはあんまりテンション上がらないんですよね。今現在物販の方で利益が上げにくい分、やれることはなんでもやらないととは思うのですが、

『相手が欲しいと思うモノだけ並べる』っていうのが、なんとなく『負け戦っぽい』というかなんというか……。

俺はそろそろ40代なわけですが、ブラバスとかアウスレーゼとか丹頂チックとかポマードとかを、コレ以降歳とっても使おうとも思いません。いやその商品郡が悪いと言っているわけじゃないんですが、その商品に対して思い出補正も無いし、どこが良くて使っているのかもちょっと良く分からないんですよね。

当たり前のことかもしれませんが、シニア向けの商品っていうけども、今俺の世代が歳をとったら『今の俺らが使っている商品』がシニア向けの商品になるんでしょうね。

んーいや、それもどうかな。

昔っからある商品でもすっげぇ良い商品はあるんでしょうけど、後から出た商品の良さを、『一度も使ったことがないから』などの理由でお客さんに上手く伝えられなかったから、大多数の方々は一部商品にこだわる結果になったんじゃないかな、と思うのです。

今自分がいいなと思って使っている商品を、果たしてこれから先10年でもいいから使い続けるかというとちょっと疑問です。

自分がわりと新しもの好きか、それともこういう仕事についているからこその『新商品は試さないといけない』という仕事絡みの使命感にかられているからなのかはわかりませんが、一つの商品にこだわること無く、買うものは結構変わるんですよね。そりゃ性格によるよと言われりゃそれまでですが。

良い物があればそれを試すし、駄目なら前使っていたものに戻すし。

ジェットストリームのボールペンも大変気に入って使っているのですが、これを超える書き味で、さらにインクが玉になりにくく手頃な値段のボールペンがあればそっちにします。さすがにしばらくはこれを超える¥150クラスのボールペンは出なさそうですけど。

とにかく、シニアだろうがなんだろうが、みんなに『これは良い!』と思わせることが出来ればなんだって売れるんじゃないのか?と思うのです。

『外からの新しい情報に対して保守的過ぎるが故に売りづらい』って理由からの『アクティブシニアをねらえ!』という考えなら仕方ないかーとは思うんですが……。

ウチは敷地も限られる50坪以下のお店が多いものですから、品揃えって点ではどうしても限られますので、多くの方々の『既に欲しいと思っているもの』を揃えるのは難しいんですよね。

ですから、『別に欲しかったと思ってなかったけど、店内を練り歩いていたら欲しくなってきた』というPOPや販促物のクオリティを上げることに力を注いだほうがいいと思うのです。


県内小4の1割強、肝機能や脂質異常/血液検査
香川県内16市町の小学4年生を対象に、2013年度に実施した血液検査の結果、1割強の児童に肝機能や脂質の異常がみられたことが、県のまとめで分かった。12年度の調査結果とほぼ同様の傾向で、県健康福祉総務課は「検査で異常値が出た児童や保護者には適切な指導を行い、生活習慣や食生活の見直しを呼び掛けていく」としている。(後略

 『適切な指導』ってなんだろう。『生活習慣や食生活の見直し』ってなんだろうね。多分『適度な運動とバランスの取れた食事』って感じでお茶を濁されるんでしょうけど、それじゃぁ体質改善は無理でしょう。そもそもそのバランスの取れた食事(炭水化物が一日の摂取エネルギーの50%程度)というのが生活習慣病の原因というところに目を向けないと。

 香川県も大変だ。秋田も大変だけど。『うどん』という、県民の誇りであり心の拠り所でもある食べ物が、実は糖尿病の原因だったとはなかなか認められないでしょう。香川の方々はうどんだけではなくて、『うどん+いなり寿司』という組み合わせが好きらしく、これだと炭水化物+炭水化物+炭水化物(砂糖)なので、そりゃぁ……うん。

炭水化物には依存症というものがあります。脂質依存症とかたんぱく質依存症というのはあまり耳にしませんがあるんでしょうか。ググったところそれらしきものは無いような感じ……ん?

脂質依存症で検索したらほとんどが『脂質異常症』でヒット。ただ、その中で唯一といっていいだろう『脂肪依存症』という単語が踊る記事を発見。

……なんか『日本人の消費カロリーに占める脂肪の割合は、この60年間で、3~4倍に増加しています。それが糖尿病が激増した主因です。』とか書いてある。オイオイ。

さらにその前の記事には『沖縄クライシス』と称して『沖縄県の子供が太ってきたのはジャンクフードが原因』としています。多分そりゃそうなんだろうけど、ジャンクフードってさ、どれも糖質の方が多いと思うぞ?マックのポテトとか、牛丼のご飯とか、それらに付随する炭酸飲料とか。そしてこの記事を書かれた方は偶然にも香川県出身。はぁ。

 麻薬にもタバコにも依存症があります。人は宗教にも依存します。これらの相性が良いのはそういうところから来ているんでしょうかね。

麻薬もタバコも炭水化物も、『摂取すると気持ちいいというところ以外、健康的には何一つ良いことは無い』というところも一致していますし。

炭水化物をDisることって神とか宗教を否定するようなものです。豊穣の神様ってのもいます。だからなかなか『おいしい』『依存症がある』というところ以外にも、その食生活から抜け切れない何かがあるんでしょうね。

俺の場合はもう『デブから何でもいいから脱出したい』という強烈な動機がありましたから。

ま、『炭水化物がほぼすべての現代病の原因』『炭水化物を少し減らせばいいだけ』ということが広まってくれば、みんなの健康もだいぶ変わってくると思うんですよね。

そして経済もそれに合わせて変わってくると思うんだけどなぁ。

なんつーかさ、

お菓子とかかさばるだけで安すぎんだよぉぉぉ!!カゴ満載で持ってきたのに客単価1000円に届かないってどういうこった!

たまにはチーズとハム買え!(暴言
6/12から薬事法が変わりますね。もう薬事法という名前自体が変わって、通称『薬機法』て呼ばれそうな感じです。(正式には『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律』)



大きな変更点は今までグレー状態だった一般用医薬品のネット販売が法に明記されたところでしょうね。そしてネット販売に必要な施設の基準とか。

それと今回から第一類医薬品の上に要指導医薬品というものができまして、それがネット通販に載せられない品目になります。たった25品目しかないですが。

 店頭のオペレーション的にはアレジオン®とロキソニン®が早いとこ2類に落ちてくれれば楽になるのですが、このネット販売も登録販売者が2類を販売できるようになったのも、立派な規制緩和ですからね。

需要が増えていない時に、競争を激化させる『規制緩和』を行うと、総売上は変わらないのに新規参入が相次ぐわけですから、平均的に全員貧乏になります。

建設業の方面では、最近「品確法」(公共工事の品質確保の促進に関する法律)の改正案が、先週の5月29日、国会で成立しました。これで労働者の賃金も上がるでしょうし、品質も確保されます。

ドラッグストア業界はモロ反対を突っ走ってますね。競争激化しすぎ。安売りしすぎ。

あと、『既得権益』とか『岩盤規制』っていう言葉を使って薬剤師や医師など資格職を妬む人がいますが、もしこれから法律が変わって、投薬やピッキングが普通の事務さんにできるようになったとします。

そうすると市場平均での薬剤師の給料は下がるでしょう。そんなに数必要じゃなくなりますから。

で、失業率が上がります。今まで自分の資格で食べてた方が、急に明日から資格の必要のない職につけって言ってもなかなか難しいでしょう。

当然のように薬剤師(元・薬剤師含む)たちが使う金も減ります。

反対に、我々一般職の給料を経営者がその分上げると思う?んなことないだろ。

そうすると世の中の金回りが悪くなり、不景気の続きを進むことになるでしょう。


一時溜飲を下げてもそれじゃだめじゃんね。
意外すぎて衝撃!「ダイエットに良い食品、悪い食品」の真実
ダイエット中の食事って、ただ「食べなければいい」ってものではないですよね。栄養は摂らなければいけないし、でも太るのは嫌だし、リバウン ドもしたくないし……、いったい何を食べたらいいんでしょうか!?

美容誌『美的』7月号では「知っておきたい!GOOD食材、少量ならOK、NG食材一覧」と題して、何のどんなところに気をつけて食べればいいのかを専門家が解説してくれています。

ダイエット食として親しまれてきたあの食品がNGだったり、意外な食べ物がOKだったり、衝撃的な内容になっています……これを読んで、勘違いダイエットから脱却しましょう!(後略

 『根菜類には脂質が多いから注意!』とか何となく(?)という記事内容ですが、春雨がデンプンからできていると注意を促しているところは良いですね。

糖質制限を続けていると、『カロリーや脂質はほとんど気にせず、原材料の糖質項目だけ気にすればみるみる痩せていく』という実に簡単な実感にたどり着きます。

『脂質はカロリーが高い』という固定観念は私も頭のなかから完全には追い出せてはいません。

でもよく考えると、カロリー測定の時に

『よく燃えて水の温度を上昇させるもの』と
『身体にエネルギーとして良く吸収されるもの』の間には何の関連もないんですよね。

アルコールがよく燃えるからと言って、アルコールにカロリーが結構あることになっていますが、実際『アルコールだけ』を飲むと身体のエネルギーになるどころか、肝臓での解毒にエネルギーを使っちゃうので『エンプティカロリー』なんていう苦し紛れの用語も作らざるを得ない。

食べた食物がどれだけ身体に吸収されて、どこからどれくらいエネルギーとして発散されたか、ってのをなんとか示そうとしたカロリーという表示は、今までありがとうという感じです。

でも前提が間違っていると、そこから考える『痩せる方法』もおかしなことになるんですよね。

『ビタミンCをたくさん摂る』というメガビタミン療法があります。

ちなみにビタミンCってブドウ糖と同じ輸送体で細胞に取り込まれるので、血中にブドウ糖が有るとビタミンCが細胞に取り込まれるのを邪魔してしまうのです。

実は糖質を取り過ぎていたからメガビタミン療法をせざるを得なかったのかなと思いました。始めっから糖質制限していればビタミンCは少量でも済むのではないのかなと。イヌイットとかマサイ族(?)は肉メインの食習慣でずっと生き延びてきたのですが、ビタミンCの摂取手段ってあったんでしょうかね?これ、糖質制限している人は『日本人の食事摂取基準』では成人男性女性ともに一日あたり100mgとなっていますが、もっと少なくても行けるんじゃ?

私、ここ2年くらい野菜と果物は全くと言ってもいいほど摂っていません。肉とチーズがメイン食料です。

もう少しで健康診断を受けてきますが、去年の血液検査と比べてどうなっているかが、また楽しみです。
40歳で事実上の現役引退?縮まる仕事寿命
65歳まで働くどころか、40歳がキャリアの臨界点

40歳になると、今の自分の立ち位置を守ろうと保守的になる人が多いが、前例踏襲の事なかれ主義では、年々、経年劣化したような中年になるだけだ。それでは、後輩諸君から敬遠される人になりかねない。
だったら、どのように、働き方、生き方を変えるべきか?(後略

 そろそろ40という事を顔面に押し付けてくるような感覚をくださいましてありがとうございます。そんな記事です。

まだ40ではありませんがギリアラフォーとしては常に惑いっぱなしです。

ところで『40にして惑わず』っていう孔子の言葉。これ『惑』ではなく『域』で、『枠にとらわれない』という意味なんじゃないの?という説があるそうです。

なんかコッチの方がしっくりきますね。

『40にして自由な発想で』

……これはこれで難しいです。

なんせ一説には27歳を超えてしまうと、人間素直じゃなくなって評論家になってしまい、柔軟な発想ができなくなるそうですから。ほら、いるじゃない。会議とかで常に批判から入る人。常に代案を出さずに否定意見だけ言う人。

ムライ中将のように、それを自分の役割と認識しているのなら分からないでもないですが。

また、35歳くらいで既に管理職として上に行くかどうかの選別は終わっているそうな。

あれ、詰んでね?

……まぁいいです。


 経営者か上司かに気に入られて評価色メガネブーストを貰うと、『立場が人を作る効果』も相まって人は成長する確率が多いです。

でも気に入られなかった奴は大変ですね。

さてそこで気に入られるように振る舞うのか、何も考えないのか、あえて別の振る舞いをするのか。

ここはやっぱり『あえて』の道でしょう。なんせ『不域』ですから。(なんて読むんだろ)

というわけで会社史上最も怒鳴られた回数の多い私は、今日も明日も色々と余計なことを企んでいるわけです。

いや、もちろん会社にとっては有益なことだろうけどね。
ビジネスシーンでニオイは減点要素、点数にするとマイナス54点
マンダムは6月3日、スーパークールビズシーズンを前に実施した、オフィスでの身だしなみとニオイに関する意識調査の結果を発表した。同調査は、東京と大阪で働く25歳から49歳の男女1,117名(男性567名、女性550名)を対象に、インターネットリサーチで5月に行われたもの。  

クールビズシーズンの職場で気になることについては、上から「汗をかくこと(67.2%)」「ニオイ(体臭)(58.8%)」「汗染みができること(44.1%)」となり、「汗」と「ニオイ」は「服の選び方(23.5%)」の2倍以上関心を集めていることがわかった。(後略

 糖質制限を始めた頃はケトン臭を自分自身で感じていましたが今はどうなんだろ。身体をボディソープで洗わなくなって何年も経ちますが、それが原因での臭いってのは無いはず。

体中の皮膚には、皮膚常在菌が自分たちに最適なphを皮脂によって保ち保たれつつ住んでいます。ちょっとしたチンピラが、いざというときには自分たちの街を守ってくれているようなものです。だからたまーに悪さもしますけど。

そこをボディソープでチンピラたちの餌である皮脂を洗い流しすぎると、チンピラたちは皮膚を埋め尽くせなくなり、そこにもっとガラの悪い奴や殺人鬼までもが住み着きます。

ボディソープでの洗いすぎが『変な臭いのさせる菌』を住み着いてしまうスキを作るのです。

さらにナイロンタオルやブラシなんかでゴシゴシやったら、物理的にも皮膚表面が荒れますし、常在菌(チンピラ)の住みやすい環境ではなくなります。

洗いすぎが身体から変な臭いをさせる原因なのです。

しかしこの臭いってのはなかなか自分でチェックできませんな。コレ体臭チェッカーとか2000円台でお店に置いてたら売れると思うんですが。それか1回何円で置いておくとか。

ググったけど高すぎワロタwwww

ニオイセンサminiXP-329m[新コスモス電機]
標準税別 130,000円

ブレスチェッカーは数千円なのに……

タニタ ブレスチェッカースリム (HC-212S) ホワイト
2,839円(税込3,066円)

ブレスチェッカーなら、今付き合いのある卸さんから取れるんじゃないかな。

昔、ある店舗で店長をしていた時にブレスチェッカーを2600円くらいで売ってたんですが、月に2,3個は買っていかれる方が居ましたね。

その時にはPOPに『これで安心!「あなたは臭くない」という証拠が手に入る!』とかなんとか書いていた気がします。これを買う人は自分の臭いが知りたい訳じゃなく、

『自分は臭くないという自信を持てる未来が手に入る』ってことを煽ったわけです。

今はどこの店にも置いてないんですが、これ売れると思うんだけどな……│∀・)チラッ

体臭チェッカーは……うーん……1回200円で店内に設置するかい?でも体臭測るのと血圧とか骨密度測るのとじゃぁ、体臭測る方がワクワクするから面白そうだね。

やったー!

被覆材のサンプルが届いたー!

これで自腹切らずともすm

さて、いよいよやることにしてしまった社内湿潤療法勉強会ですが、はたしてどこまで言及していいのやら。



『傷は絶対消毒するな』の内容をくまなく説明してしまうと色々と不整合が起きてしまいます。そういう混乱を見てほくそ笑むという楽しみもありますが(酷ぇwww
お客さんに対する店員の回答は一致させないといけません。

やっぱりそうすると『傷は消毒するな』と『傷は乾かすな』までは当然説明するとして、ギリギリで『皮膚常在細とは』まで踏み込んでの説明でしょうか。傷が何で化膿するのかとしないのか、黄色ブドウ球菌の役割を話すとなるとそのあたりまでの説明は必要でしょうか。

もうここより先の話になると『手指消毒剤は意味なし』ということまでみんな気がついちゃいますもんね。

グロ画像をどこまで採用してプロジェクターに投影するのかなど、まだまだ問題点はありますが楽しみです。

普通のドラッグストアから、ちょっと他とは違うドラッグストアに変われるきっかけになれば良いと思います。

あぁ、しかし、80歳くらいのおばぁちゃんがマキ○ン買おうとしている時にはどうするのがベターな対応なんだろ。もはや消毒=『おまじない』って感じなんだろうから、それを真正面から否定っするのは信仰している宗教につばを吐くようなもんなんだろうなぁ。

いまだ答えがでず。
<社会インフラを行く!>ヤマタノオロチ「箱崎ジャンクション」
東京都中央区にある首都高速道路の「箱崎ジャンクション」。ここは首都圏交通の要衝です。ジャンクションであると同時にインターチェンジであり、
そして案内板のないパーキングエリアまでもが併設されているという、実に複雑な構造になっています。 (後略

箱崎ジャンクションは『ヤマタノオロチ』とも呼ばれているそうですが聞いたことねぇぞ……。でも確かにここを通るときは何となくワクワクしてしまいます。シムシティを思い出して。

仕事や私生活上、それほど箱崎ジャンクションは通らないのですが、似たような感想を持ってしまう近場のジャンクションに『横浜青葉』があります。ここを東京方面から通過する時にジャンクションをくぐる形になるのですが、それが結構気持ちいいのです。



そしてジャンクションといえば日本に一つしか無いといわれるクローバータイプのジャンクション。佐賀県は鳥栖ジャンクション。

美しい。

地震にも耐える高速道路を日本は作り続けて行かなければなりませんが、土木を外国人労働者に頼ると、日本は自国で高速道路や橋やトンネルを作れない国になってしまいます。世界一自然災害の多い国だというのに。また、東日本大震災の時も、災害時に真っ先に駆けつけてくれたのは地元の建設業の方々だったそうです。

それが外国人でも、災害や戦争時に真っ先に駆けつけてくれるものでしょうか。

美しい高速道路をいつまでも見られるためにも、安易に外国人労働者を増やすのはやめたほうがいい。

ドイツも最初は『一定の期間だけで、終わったら必ず国に帰ってもらう。滞在していいのは本人だけ。妻子同伴は認めない。対象は技能を持っているものだけ。』などと条件を付けて移民を開始したのはいいですが、今となっては、GDP的に外国人が居ないと成り立たない状態にまでなっています。

『さきっちょだけだから!』は信じてはいけません。ちょっとでも受け入れたら終わりです。
健康口内炎スピード完治!
口内炎を根本から治すためには、口の中の細菌の繁殖を抑える必要があります。そのためには、殺菌成分入りのうがい薬や洗口液(せんこうえき)を使ったブクブクうがいが効果的です。実験によると、20秒のブクブクうがいを3回行った場合、口の中の細菌を10分の1程度に減らすことができました。しかも、その効果は3時間以上持続したのです。(抜粋

記事中に傷の治し方のおさらいとして『傷は消毒しない』とあるのに、マウスウォッシュでの口内炎の消毒を推奨しているのが腑に落ちません。しかしどうもマウスウォッシュでブクブクうがいをした方が口内炎が早く治るとのこと。

これはひょっとして

『消毒による口内炎ヘのダメージよりも、ぶくぶくうがいによる物理的な洗い流し効果の方がメリットが大きく現れたため』なんじゃないかと予想します。普通の傷口の場合もそうですからね。

つまり口内炎が出来たら『水でいいからブクブクうがいすれば早く治る』のではないかと。

しかし番組HP上のグラフでは、食塩水の場合元の細菌数が100としてうがい後が100を超えてるんですけど口内細菌が爆発的に増殖でもしたんでしょうか……。

もし本当に洗口液で口内炎が早く治るのなら、お店のオーラルコーナーにて洗口液を売れる『いい口実』が増えることになります。口内炎で悩まされている人って多いですからね。そしてさらに『歯磨き粉に含まれる発泡剤が口内炎を治しづらくしている一因だよ』ということもお伝えしつつ、マスチックデンタルリン◯ジェルあたりをご紹介したいですね。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アリウス
性別:
男性
職業:
ドラッグストア各店放浪中
趣味:
釣り・歌うこと・本読むこと。
自己紹介:
アリウスの体は、
お酒、から揚げ、
ラグナロクオンライン、
歌うこと、ゲーム音楽
油っこいものと、
カレー、
フライフィッシング
で、構成されています。
最新コメント
[12/20 りつこ]
[09/28 ワラビ]
[07/23 ブラザー・Y]
[05/30 さいか]
[05/23 コイワ]
忍者ブログ [PR]